★Instagram


5月 新しい天皇陛下が即位され
時代が「令和」となりました

初春の令月にして、
気淑く風和ぎ、
梅は鏡前の粉を披き、
蘭は珮後の香を薫す。

―万葉集「梅花の歌」―



5月19日 東京都庭園美術館
皇室縁の茶室「光華」にて
≪重文わかる茶会≫を開催しました

初の試みとなる
茶会を知るための茶会

茶会の仕組みを知り
マナーや楽しみ方を学ぶ
プログラムです



◼立礼席

茶会とは何かはてなマーク
基礎知識と持物やマナー
趣向を楽しむ方法を
ご説明いたしました



知ってしまえば簡単な事
もう茶会は怖くありません


そして今回
茶会の趣向は
「平成から令和への改元」


待合に進みます


◼待合/広間

待合とは
茶会の趣向を暗示する
大切な場所である
というお話をして

お菓子の召し上がり方を
実習しました



本日のお菓子は
「令和」を記念し
皇室の菊の御紋にあやかり
和菓子匠の王道
「はさみ菊」をご用意致しました


黄瀬戸の菓子鉢は 沼尻宗真

神楽坂 梅花亭のご主人
井上さんに特注いたしました

一つ一つの美しい花びらを
ハサミで作りあげる
井上さんの技術に
感嘆の声が上がりました

茶道を40年している方でも
なかなかお目にかかれない
貴重なお菓子です




床は「千山添翠色」
鵬雲斎大宗匠のご染筆です



「平成」という時代から
新しく輝かしい
「令和」へと変わる様を
表しました


香合は「琵琶」です



平安時代には三種の神器とともに
宝物の筆頭として
琵琶の名器「玄上」が
引き継がれていた事に由来します


書院には
鈴木其一 「小倉百人一首」



新緑の美しい庭と池を愛で
露地へと進みます




◼露地から躙口へ



「青苔日厚自無塵」
利休居士の露地の心得を解説し
蹲踞柄杓の扱いを学びます






そして 躙口から
いよいよ本席へ




◼本席/小間

床は唐銅花入に菖蒲



今回の茶会の為に
「令和」を記念し
金沢の漆作家である
木下幸さんと共に
「高御座板」を作りました



皇室紋章 十六八重表菊
をデザインし
研ぎ出し蒔絵・平蒔絵を
金銀で使い分け
立体感のある
静謐な薄板が完成いたしました






初代 神武天皇
ゆかりの名水を用いて
人間国宝 前田昭博先生の
白磁茶碗でおもてなし



茶杓の銘は「叢雲」です

これで三種の神器の
見立が全て揃いました

待合~本席での写真の中に
「三八咫鏡」
「八尺瓊勾玉」
がありますので
皆様もぜひ 趣向をお楽しみください音譜









「令和」を記念した
≪重文わかる茶会≫は
いかがでしたか

このように
茶道は点前の稽古だけでなく
和歌や禅語 菓子 花 庭
工芸 茶室 などなど
日本の総合芸術で成り立っています

必ず興味がある部分があるはず
だから茶道は面白いですねキラキラ

大化から数えて248番目に
初めて国書である 
万葉集から生まれた
「令和」という時代

私達はこれからも皆様の
心や暮らしに生かせる茶道を
伝えていきたいと思います


★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京 九段教室」

≪茶道体験講座開催中≫

次回の稽古は

2019年 6月8日(土)

 

【入門コース】
・歳時記「七夕」
・夏の和歌
・茶会のマナー

 

【基本コース】
・歳時記「七夕」
・夏の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2019年 6月28日(金)

2019年 6月29日(土)

・歳時記「七夕」(予定)
・夏の和歌

・風炉、平点前

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください