3月6日~8日
GFSI世界食品安全会議2018
グランドニッコー東京台場で開催され
「伊藤園」は会議の合間の休憩時間に
3日間 呈茶会を催しました



GFSIとは
Global Food Safety Initiative
食品の安全に関する

アイデアや解決策を出し合い
世界規模で組織管理を行うことで
食品の安全向上を図る団体です

GFSIに加盟する52か国1200人の
食品業界の代表者が集まる
GFSI世界食品安全会議2018

日本初開催という事で
大変注目が集まりました
初来日の方もいらっしゃったそうです

1日に数回行われる会議の登壇者には
イオン・コストコ・マクドナルド
などの代表者が名を連ね
食品安全問題において

多様な視点を提供します

休憩スペースには
軽食と



参加する企業の特設ブースが用意され
商談も行われていました



オープンスペースでは
映像プログラムの他にも



日本のご当地アイドルが
名産品のプロモーションをしたり



ヤマト運輸のキャラクターが登場したり



会場を沸かせていました



私は水屋のお手伝いをさせていただきました



伊藤園職員のかたがお点前をしてもてなします

休憩スペースは立食形式の決まりだったので
特製の紙コップで1碗より少量の
抹茶を差し上げました
お茶碗で点ててから紙コップに移す
という初めての試み
また新たなスキルを習得しましたチョキ



和三盆のお菓子も大変好評で
「美味しいキャンディーだ音譜」と
何個も召し上がったり
コーヒーのように
抹茶に入れて楽しんだり



伊藤園さんが今年
「口切り」イベントで使用した
茶壷を持ってきてくださいました



海外の皆様にも実物を見ていただきたい
ということで紐荘りを施しました

「紐荘り」は茶壷の茶葉を使い切るまでに
毒などを混入されないように紐を複雑に結び
他の人に解かれた場合
分かるようにするためにします






伊藤園のブースでは
抹茶の詳しい製造過程だけでなく
四季を楽しむ茶道に宿る日本人の精神性を
美しい映像で

プレゼンテーションしていました

抹茶はもともと
中国の禅寺で飲まれていたものが
日本に渡ってきました
やがて中国では完全に廃れてしまい
抹茶は日本だけで独自の発展を遂げたのです
しかし茶道はアジア全体の文化と捉えている
ヨーロッパのかたもいらっしゃいました

抹茶と煎茶の違いを知らなかったり
未知の緑の液体を気味悪がるかたも

カップを配りながら直接お話しすることで
多くの方に抹茶初体験していただきましたドキドキ

 



海外のかたに日本の素晴らしい文化を知って

いただける有意義な3日間となりました


 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 3月24日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年3月25日(日)

(定員に達しました。お申込みいただき

ありがとうございました。)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください