今回 茨城陶芸美術館でのイベントを一緒に盛り上げてくださっている

下矢印お点前をしている このかた

茨城県つくば市出身の

沼尻宗真という茶人でもあり

沼尻真一という陶芸家でもあります

 

 

 

に出展されている沼尻氏のお茶碗

『白月盌』は茶陶に最もゆかりのある美濃の

庄六茶碗展で最高賞を受賞した作品です

 

庄六賞を受賞した後

京都で茶道の修行を積まれました

 

私も本家本元で勉強するからこそ見えてくるものがありました

そういうものを全部提げて

多くのかたの協力のもと

故郷で展開させていただくことが叶いました

感謝申し上げます

 

 

茨城県陶芸美術館に是非足を運んでいただいて

沼尻氏のお茶碗ご覧になってください

美濃という重すぎる伝統を踏襲し

更に突き抜けた 美

まさに『現代の茶陶』に相応しい存在感です

 

http://numajiri.jugem.jp/