幻の赤いイモリ ~アカハライモリの赤色変異個体~ | エビのつぶや記カニのぼや記

幻の赤いイモリ ~アカハライモリの赤色変異個体~

皆様こんにちは

すみっこHONDAです真顔

 

今回は

巷で噂の赤いイモリを紹介しますとかげ

 



こちらっ




真っ赤っかでございます!!





いろいろなマスメディアさんに

取り上げていただいております


このイモリ

 

和名を


アカハライモリ

(二ホンイモリ)

といいます

 

 


本来は

お腹の面のみ

赤いため

このような名前がついていますが

 



稀に

色彩の突然変異

背中側も赤くなる個体が現れます

 


少し赤みがかった個体も珍しいですが

ここまで全身が真っ赤に染まっている個体は

極めて稀で

和歌山県内でも

ここまで赤い個体の記録は

多くはありません!!


 



もちろん生態は

本来のアカハライモリと同じですビックリマーク


しかし

通常の個体に比べ

野外では目立ってしまい

捕食者の格好の獲物となります


そのため

自然個体を発見することは

とても難しいのです

 

 


--------------------

ここでアカハライモリの生態解説

--------------------

Cynops pyrrhogaster


日本の固有種

水田やため池など

流れの緩やかな場所に生息しています

 

肉食性

小型の昆虫類や魚類などを捕食します

 


テトロドトキシンという

フグと同じを持っており

腹面の赤色

毒を持っていることに対する

警戒色の役割を

担っています

 

 ==============================

 

 

今回展示を始めたこの個体は

地元の方が発見し

水族館へ寄贈してくださったものです音譜


 

現在

通常体色の

アカハライモリ

比較展示を行っていますとかげ

 

 


とても希少価値が高く

他ではなかなか見ることができません!!

 

近くへお越しの際は

通常色のアカハライモリと比較して

非常に珍しいこのイモリを

ぜひご覧ください音譜音譜音譜


といったところで

今回のブログはここまでです


ではではパー