海の宝石 「クラゲ」 | エビのつぶや記カニのぼや記

海の宝石 「クラゲ」

みなさんこんにちは、すみっこHONDAですニコニコ

 

ただいま、エビとカニの水族館では館内通路に新たに水槽を設立しましたので、そのご報告をいたしますビックリマーク

 

今回新たに設置した水槽はエビやカニなどの甲殻類ではありませんビックリマーク

なんとなんとクラゲの水槽です!!

 

どうしてエビとカニの水族館なのにクラゲ、と思う方も多いはず。

実はエビカニにとってクラゲはなくてはならない存在なのです。

 

 

エビやカニは卵から孵化したばかりの幼生のころは、親とは姿かたち・習性が異なっていて、とてもひ弱な存在でもあります。

そのため、自分の身を守るために毒を持つクラゲの傘の中で暮らしたり、

クラゲに乗ったりして生活している種類もいるのです。

なんと中には、そのクラゲを食べて暮らしている種類もいるほどです。

 

このようにクラゲとエビカニには深いかかわりがあるのです。

 

今回はそんなかかわりを知ってもらいたいということで展示をすることにしました!!

 

と、いうのは建前でありまして

実は私はクラゲがとても大好きなのです

好きすぎてこのかわいさを皆さんにも感じてもらいたい

という理由で展示に持ってきたことのほうが大きいですあせる

 

現在展示しているクラゲを紹介していきます音譜

○ミズクラゲ

クラゲの代名詞と言ってもいいほど有名なクラゲです。ちなみに当館で繁殖しているクラゲになります。

 

○チョウクラゲ

チョウが飛ぶ時のようにバタバタと泳ぐことが名前の由来となっている面白いクラゲです。

 

○カミクラゲ

髪の毛のように触手がたくさん生えているクラゲ。とても神秘的ですね。

 

現在はまだ3種類ですがこれからどんどん増やしていく予定です!!

クラゲ好きの方はぜひお越しください!!!!

 

今回のブログはここまでです。

ではでは、みなさんまた会いましょうパー