眼がなが~~~~~~~いよ☆ | エビのつぶや記カニのぼや記
2016年11月16日

眼がなが~~~~~~~いよ☆

テーマ:生物

Twitterではお知らせしておりましたが、現在エビとカニの水族館ではメナガガザミを展示しておりますかに座

 

 

 

このカニ、もう見てそのまま、ガザミメナガガザミといいますひらめき電球

 

 

正確には、眼ではなく眼柄(がんぺい)という、眼と頭部を繋いでいる部分が長いんですけどね目

 

 

 

そのメナガガザミ、主な国内の生息地は相模湾から沖縄までの沿岸域なのですが、和歌山県沿岸では過去に単発的に数個体が発見された記録があるだけなんです。

 

 

すさみ町では過去10年間一度も確認されたことがないとかお~

 

 

しかーーーーし!

 

 

今回はなんと同じ場所から10個体以上が捕獲されたのですビックリ!ビックリ!ビックリ!

 

 

なぜ!?どうして!?!?

 

 

理由はわからず謎は深まるばかりわぁ

 

 

海水温の上昇?

 

 

海底の環境の変化??

 

 

それともただの偶然???

 

 

エビとカニの水族館では、メナガガザミのように”なが~い眼”で、すさみ町を含め南紀の海の環境変化を観察&記録していきたいと思います手。

 

 

 

しかし見れば見るほど興味をそそられる姿をしてる~~~~キャッ☆上げ上げ上げ上げ

 

 

 

眼は立てるとこんな風にアンテナのように伸びていますがV

 

 

 

下げると甲羅の隙間にぴったりと収納することもできます・・・・・!!!!!!!!!!

 

 

 

もちろん、他のガザミ同様、遊泳脚を使って泳ぐことも可能キラキラ

 

 

運が良ければ、こんな活発に動くメナガガザミも見ることができるかもしれませんよ~sao☆音譜

 

 

ちなみに、水槽内ではカップルが何組か目撃されており↓

 

 

 

 

な、な、なんと交尾まで確認されておりますキャーラブラブ

 

 

 

これはメナガガザミベビーinエビとカニの水族館も夢じゃないかもーらぶ1

 

 

メナガガザミは現在エビカニ博士の研究室に展示中ですエヘ

 

 

みなさん見に来てくださいね顔sei

 

 

 

お~しゃん@今回の捕獲でメナガガザミを初めて見ました!

エビとカニの水族館さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ