◇今度、出張料理で作る予定の、〆のにゅうめんです。

 

牛すじで出汁をとって、塩・胡椒、しょうゆで、味を調えたシンプルな一品です。

 

これは試作なので、すぐ食べましたが、

 

スープを冷まして、白く浮いている脂を取り除けば、

 

牛すじの出汁をシンプルに味わうことができます。

 

下茹でからとても簡単なので、ぜひどうぞ!

 

因みに、牛すじは肉屋さんにいけば、簡単に手に入りますよ!

 

 

簡単!圧力鍋で牛すじの下茹で

 

(1)圧力鍋に牛すじ(500g)をいれて、蓋をせずに、沸騰してから5分煮ます。

 

(2)お湯をすてて、牛すじをしっかり洗います。

 

(3)食べやすいサイズに切って下さい。

 

(4)しっかり洗った圧力鍋に牛すじを戻して、水500CC、酒100CCを加えて蓋をします。

 

(5)しっかり圧がかかってから、弱火にして、10分煮ます。

 

(6)10分経ったら、火を止めて、圧が下がるのを待ちます。

 

(7)圧が下がったら完成です!

 

そのゆで汁が、牛すじのいい出汁になります。

 

量が少ない時は、水を足してもいいでしょう。

 

このまま牛すじを食べることも出来ますが、まだゴリゴリしている部分があるので、

 

さらに煮込めば、プルンプルンの食感になります。

 

この動画は、牛すじ煮込みですが、下茹でから紹介しているので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



◇サバの味噌煮は、家庭料理の定番のメニューですよね。

スーパーなどでも、比較的手に入れやすい魚の一つなので、作りやすいです。

定番のメニューだからこそ、レシピも沢山あり、

何を参考にしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。

サバの味噌煮のレシピでポイントは3つ!



(1)水を入れているのか、酒のみなのか

板前によって煮魚は作り方が違いますが、酒のみで作る方も多いです。

酒のみで作った方が、臭みもないですし、旨味も多いです。

水で作ると、旨味やコクが足りないように感じます。

ですが、これは好みです。

酒のみでつくった煮魚を食べたことが無い人は、

水を入れて作ってもおいしいと感じると思います。

予算の都合もありますが、出来る限り酒は多い方がいいです。



(2)味付けをしてから煮るのか、後から味をつけるのか

先か後か、半々の割合でレシピがあります。

味噌の風味や香りを活かしたいのならば、後に味付けをした方がいいでしょう。

個人的には、先に味を決めた方が失敗もなく、ブレもないので、

先に味をつけた方がオススメです。



(3)何分煮るのか

煮魚は、味を染み込ませるために長時間煮た方がいいと思っている方もいるでしょう。

しかし、魚に味は染み込みません。

染み込むのは、缶詰だけです。

本当に長時間煮込めば、骨まで柔らかく食べることができると思いますが、

もはや栄養はないでしょう。

家庭料理なので、栄養が摂れないのはもったいないですよね。

煮る時間は、10分から15分で十分です。

20分以上煮ると、栄養はほぼなくなると聞きます。

煮汁を煮詰めたい場合は、魚は取りだして、煮汁だけ煮詰めましょう。



◇以上の点を踏まえて、サバの味噌煮のレシピを紹介します。

1.サバに塩を振る。(臭みを抜くため)

2.お湯を沸かして、サバにかける。霜降りをする。(臭みを抜くため)

3.鍋に、材料を合わせて煮立たせる。

  酒300cc、みりん100cc、しょうゆ50cc、砂糖大ヒ5、みそ大ヒ5

4.しょうが、ごぼうも入れる。

5.サバを入れて、弱火で10分から15分煮る。

  上からクッキングペーパーをかける。

6.サバを取り出して、煮汁を好みの濃度まで煮詰める。

7.サバを戻して、温めて完成。
 

 

 

 

 



◇今年も、「まんパク」に行ってきました。

なんだかんだで毎年言っているこのフードフェスも7回目。

メニューは基本的に毎年同じ顔触れなので、

1回食べたことがあるメニューで、イマイチなものは食べません。

今回は、あまり冒険せず、定番なメニューを選ぶようにしました。

 





◇例年は、混雑を避けて平日に行くようにしていましたが、

予定の関係もあって、今年は日曜日に行ってきました。

天気も良く、予想通りの混雑でした。

食べるスペースとして、テントスペースがあるのですが、

空いているところが見つからず、なかなか座って食べることができませんでした。

食べ物の行列自体は、人気メニューを避ければ大したことはないのですが、

食べるスペースがないのは結構きついです。

途中で空いているイスがあったので座れてよかったですが、

序盤は適当に座ってたべていました(笑)

改めて、平日に行った方がいいなと感じました。



◇今年のメニューは、あまり新鮮なものはなかったので、

定番のメニューで、食材などにこだわりを感じるメニューを選びました。

ピザ、ラーメン、お肉、マグロ、スイーツまで、今年も沢山食べてきました。

また別の記事でメニューについては紹介していきます。



◇今年は、入場の際に、手拭き用のウェットシートが配られました。

 



毎年、自分で持って行っていたのですが、すごくいいです。

手づかみで食べるものもあり、手を拭くタイミングが多いので、

来年もぜひ、配ってほしいです。

では、次の記事もお楽しみに!!

◇もち麦は、キムチにも合います。

 

ご飯が欲しくなるようなスープですが、

 

もち麦がご飯のような役目をして、

 

キムチクッパを食べているような感覚になります。

 

多めに作って、次の日には、坦々風にするのも良いですね。

 

 

 

◇もち麦を使い、白米が無くても満足できるスープです。

 

カレールーを使うと、甘めの味付けのため、ご飯が欲しくなってしまいます。

 

カレー粉を使い、スパイスが香る、本格的な味付けにしました。

 

でも簡単なので、ぜひ作ってみてください。