2014-04-04

聞き書き「加子母人2」発売開始

テーマ:えびカニの活動のこと
聞き書き本「加子母人2」発売開始!

お待たせしました!
昨年度、かしも通信で制作してきた加子母の聞き書き本「加子母人2」の販売開始です。

今回は10人の方の聞き書きにコラムを加え、かしも通信社が懇親の力をこめてお送りする1冊です。

林業、製材、大工、木工、木地師、トマト、大杉地蔵尊、それに加子母の暮らし。

ひと昔前の加子母の様子、今の加子母を形作ってきた人々の想い、決断。
一冊に詰まっています。ぜひ手にとって、読んで、加子母のことを好きになってください。

ご協力いただいた皆様に感謝します。







*********************

◎ プロローグ  (「加子母人2」より) 
「加子母人2」は前作「加子母人」に続く聞き書き本です。

聞き書きは、話し手と聞き手の会話から、話し手の喋り言葉だけで作品が構成されますが、作品にはもっと深いものが表れてきます。

話し手と聞き手は何回も顔を合わせ、様々な会話を通して信頼関係を築きながら聞き書きを行っていきます。

その中で、聞き手は頭の中に話し手が話す加子母村を描きます。


自然とどう向き合って生きてきか。
どんな想いで家族と生きてきたか。
そして、加子母村という地域でどう生きて来たか。

自分たちの知らない時代の加子母村に、聞き手は想いを馳せます。
時には、その話しに心が温かくなったり、涙があふれてきたり。


そんな中で生まれたこの「加子母人2」は
話し手だけではなく、聞き手の、話し手や加子母村への想いまでもが伝わってきます。

今を生きる加子母の子どもたち。
この本を読んで加子母村で生きてきた人たちがどんな暮らしをして来たのか
加子母村がどんなところだったのか
皆さんも頭の中で描いてみてください。
そして、この加子母村を伝えていってください。


加子母の方だけでなく、多くの方に読んでいただき、加子母という風土を好きになっていただきたいです。
加子母を好きになっていただくこと。それが、加子母にとっての最高の地域づくりです。


加子母むらづくり協議会



◎ 注文方法
メール(mail@tanakayasai.com)などから以下の内容をお知らせください。
 
・希望冊数
「加子母人2」 ( )冊
前作「加子母人」とのセット ( )組

・お届け先住所

・お名前

・お電話番号

*加子母内では、「アトラ内NOVA」、「道の駅かしも ゆうらくかん」で販売しています。


◎ 金額・送料・支払方法
・1冊800円
「加子母人」とのセット1500円

・送料 1冊当たり80円 (5冊以上の場合は、実費でお願いします)

・お支払い
同封する請求書に記載されたゆうちょ銀行の振込口座に到着から1週間以内にお振込みをお願いいたします。


◎ 目次

「加子母人2」 平成26年3月刊行 A5版126ページ  発行:かしも通信社

1 熊澤 岩男 「手に職を / 大工一代、それで飯をくう」
2 河村 廣子 「車が大好き。/ 自転車で汗だくの往診から車の時代へ」
3 古田 トミエ 「上手に我慢して、よう働いた人生」
4 伊藤 勇 「山が好きで、材木が好きで / 東濃ヒノキの柱を挽く」
5 伊藤 好枝 「仕事にかかるときは、仕事を呑んでかかれよ / 竹原村から嫁いで」
6 丹羽 角衛 「勉強せんことには行き止まってしまう / 百姓、山、戦争、歴史、トマト」
7 纐纈 源吾 「それでもトマトの神様にはなれんね / トマト名人として日本と加子母の農業を支える」
8 大蔵 光一 「生地師の一生 / 大量生産とものづくり」
9 桂川 荘平 「山に生まれ、山で育った / 木工職人の人生」
10 梅田 良作 「四万本の苗を植えて、市場をつくって」



「加子母人」 平成22年3月刊行  A5版114ページ  発行:かしも通信社

1 田舎に生まれてよかった~百年見守ってきた加子母の暮らし
2 時代の先端を走ったおじい ~加子母の農業基盤をつくる
3 拝みの人生 ~拝むってこと、三六五日やめたことない
4 女ひとり開拓へ
5 みんな良くなりゃ自分も良くなる~トロッコと子ども時代の思い出
6 よう働いたと思うよぉ~製糸工場・養蚕・季節の行事
7 春から秋はお蚕さま、冬は糀室
8 加子母の林業を発展させた木材搬出の技術
9 おばぁ役で六〇年!~明治座で演じる役者人生
10 まーずそりゃ、面白いって面白いって ~加子母の名役者、芝居と人生
11 おおらかな人達に囲まれて人生楽しむ ~あこがれの先生になってほんとによかった
12 加子母の財産は山! ~営みの移り変わりを見守る
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。