『Readdle Docs』の使い方―前編 | estelの「iPod touchっていいかも」
2010-11-28 22:49:45

『Readdle Docs』の使い方―前編

テーマ:ユーティリティ&仕事効率化
皆様、長らくお待たせしましたm(_ _)m
「SALE情報」でご紹介した"Readdle Docs"の使い方についてのエントリーです(≧∀≦)♪予告してから、既に2週間も経っている(ノω・、) 遅筆なestelをお許しくださいませ(T_T)でもその分、愛をこめて丁寧に書いたつもりですので(笑)
…愛を込めすぎてあまりに長い記事になってしまったため、今回は前後編に分けての投稿です。ホントは一つの記事としてアップしたかったんですが、アメブロの字数制限に引っ掛かっちゃったんですよ~…orzなんかもう公式ガイドより細かいし(汗)

ReaddleDocsアプリ言語は英語 ですが、平易なものなのでそんなに問題にはならないと思います。まぁ一応てきと~に()で日本語つけてあるんで、必要だったら参考にしてください。

さて、では目次の前にまずは簡単なアプリ説明をさせていたたきま~す♪( ´▽`)



ReaddleDocs (documents/attachments viewer and file manager) 2.2.0 App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 600円
更新: 2010/08/16


★使用用途★
----------------------------------------------------------
ファイル(ドキュメントファイル/画像・動画・音声ファイルなど)の管理•閲覧
----------------------------------------------------------


★機能的特長★
----------------------------------------------------------
①動画、画像、ドキュメントファイルなどをPCから転送してアプリ上で閲覧可能。
②メールに添付されたファイルの保存
 (Gmail,Hotmail,AOL,Yahoo! mail Plus,その他IMAP/POP3)
③内臓ブラウザを利用してインターネットからファイルをダウンロード
④オンラインストレージ・WebDAVの利用が可能。
 (ダウンロード&アップロード)
⑤デフォルトアプリ"写真"と画像の双方転送(⇄)可能。(複数転送不可)
⑥テキストファイルの作成
⑦パスワードロック可
⑧zip圧縮•解凍対応
----------------------------------------------------------


★閲覧対応ファイル★
*公式ガイド(アプリ内にデフォルトで入ってます)P14より引用。()内は拡張子。
----------------------------------------------------------
Microsoft Office:
Word, Excel, Powerpoint
(.doc/.docx, .xls/.xlsx, .ppt/.pptx)
Apple iWorks *iWorks ‘09を含む:
Pages, Numbers, Keynote
(.pages, .keynote, .numbers).
PDFファイル (.PDF)
Web pages (.html, .htm)
リッチテキストファイル (.rtf, rtfdnew)
テキストファイル(.txt)
Fiction book (.fb2)
Pluckere-books (.pdb)
画像 (.jpeg, .jpg, .gif, .png. .tiff)
メディアファイル (mp3, mp4, 3gp, mov, mpv)
----------------------------------------------------------
※ReaddleDocs がアプリとしてサポートしているファイル形式なので、iPod touch/iPhone本体でサポートしているファイルなら普通に閲覧できるようです。またサポートされていない形式のファイルであっても、閲覧は出来ないも のの、アプリに取り込んで管理することが出来ます。あっ、あとzipファイルの解凍圧縮もサポートされてますよ~☆



さて、ここらで目次でも付けときますか。

前編目次
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・

①ファイルを閲覧しよう(基本的動作説明)
②ファイルを編集•管理しよう
③ファイルを内臓ブラウザからダウンロードしてみよう
④ブックマークレット
⑤メールの添付ファイルを保存&閲覧しよう
----------------------------------------------------------
後編目次
⑥ファイルをPCから転送しよう
⑦オンラインストレージを利用してみよう
⑧各種設定
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・






①ファイルを閲覧しよう(基本的動作説明)

まずはどんな感じにファイルが閲覧出来るのか、ちゃっちゃか見て来ましょう♪じゃないとファイル転送する意欲が湧きませんものね(笑)WindowsユーザーなのでiWorksなどは省略します。


★PDFファイルの場合

閲覧方法にはReaddleDocsオリジナルとiPod touch/iPhone標準があります。標準の方の説明をしても仕方ないので、オリジナルの方をご説明します。
photo:01


「+」ボタン:ブックマークに追加
「Pages」ボタン:閲覧ページを指定できます。”Goto page”をタップすると画面上に検索窓が出ます。
「Screenlock」ボタン:画面を固定できます。
「Search」ボタン:文字列の検索が出来ます
「Bookmark」ボタン:「+」ボタンで追加したブックマークと、「outline(アウトライン)」を表示できます
「Action」ボタン:
photo:02


“Copy to Clipboard(クリップボードにコピー)”青い範囲を指で動かしてコピーする範囲を指定→右上の青い「Copy」ボタンでクリップボードにコピーできます。
photo:22


“Send by E-mail(メールで送信)”
メールにファイルを添付して送れます。
“Print(プリント)”
たぶんAPPLE社のフリーソフト「Bonjour」対応のプリンターじゃないと使えないんじゃないかと。estelは対応プリンター持ってないのでご紹介できません。
“Text Reflow(テキストリフロー)”
テキストだけ表示できます。
photo:03




★テキストファイル

閲覧方法にはReaddleDocsオリジナルとiPod touch/iPhone標準があります。オリジナルは横文字が超読みやすいです。 日本語はちょい見にくいんですがねf^_^;)(←上手く文字列の整列が出来てない&最少フォントサイズでもちょっと大きい)なのでestelは日本語テキストは標準で読むようにしています。

画面下の●がスクロールバーになっていて、ページ移動できるようになってます。
photo:04


画面右側の辺タップで次のページ、左側の辺タップで前のページへ移動します。


★動画ファイル
photo:06


右下のボタンを押すと全画面表示になります。このボタンを押す時の画面の向きで画面固定されます。


★音楽ファイル
photo:07


フォルダ内連続再生はできません。ウェブでmp3ファイルをQuickTimeで再生してるときみたいな感じになります。操作方法は直感的なので大丈夫でしょう。ただスリープボタンで画面表示を閉じちゃうと再生停止されちゃうんで、その点がマイナスですかね~(≧﹏≦)

★Microsoft Office Wordの場合
photo:08


閲覧時にはテキストファイルみたいになります。スクロールで閲覧する感じ。文字列のコピーはiPod touch/iPhoneの標準の方法、つまり長押しで出来ます。


★Microsoft Office Excelの場合
photo:24


閲覧のみのサポートなので、セルにどんな関数が使用されているかとかはわかりません。印刷プレビューみたいな感じです。左上で閲覧するシートを選べます。こちらも文字列のコピーは長押しで出来ますね。

Excelで行や列を折りたたむ機能や検索機能をつけていても使えません。(↑も本来は年度別に折りたたむ機能つけてあるんですが、見事に展開されちゃってます。)そういうのの閲覧がしたい場合はやっぱりMicrosoft Officeドキュメントファイルの編集機能があるアプリ使うしかないと思います。ちなみに、例に使用したデータについてのツッコミはなしの方向で(笑)あんまり凝ったexcelファイル最近作ってないので、中学時代に作ったものを例に使いました(汗)


★Microsoft Office PowerPointの場合
photo:10


縦画面だと2ページ分、横画面で1ページ分が表示されます。スクロールして閲覧する感じです。アニメーションは表示されません。オブジェクトに塗りつぶし効果(パターン・テクスチャなど)とかついてると、それもちょっとダメっぽいです。↑みたいに灰色になっちゃう模様(T . T)(グラフに使ったグラデーションは大丈夫だったんだけどな…)



目次へ戻る




②ファイルを編集•管理しよう


画面左下の「Documents」をタップ
右上の「紙&鉛筆」みたいなボタンで、管理モードになります。
photo:11


各フォルダの左側の◯をタップで選択状態に。(複数選択可能)
画面下のボタンで編集出来ます。
「Move(移動)」「Delete(削除)」
「Mail(メールに添付)」「zip(zip圧縮)」
photo:12


1つずつ編集する際には右側の「i」ボタンをタップ。
photo:13


「Open in other apps(他のアプリで開く)」
*iOS4.0以上が必要。GoodReader,Evernoteなどファイルに対応しているアプリがインストールされている場合のみ有効です。この機能を使用した場合、ファイルは開くのに使った他アプリ内に複製されます。容量に余裕のない方はご注意ください。
「Rename(名前の変更)」
*拡張子の変更は出来ません。うっかりミスは減りますが、ちょっと不便ですね(>_<)
「Copy(コピー:ファイルの複製)」

以下前述の部分と重複する機能なので省略します。


他の編集?機能としては、左上の太陽みたいなマークをタップすると・・・
photo:14


「Create Folder(フォルダの作成)」
「Create Txt file(テキストファイルの作成)」
「Sort By Name(ファイル名でソート)」
「Sort By Type(ファイル種類でソート)」
「Sort By Date(更新日時でソート)」
「Sort By Size(サイズでソート)」
ができます。
ソートは複数回タップすることで、昇順降順が入れ換わります。



③ファイルを内臓ブラウザからダウンロードしてみよう


①画面下の「Browser」から、内臓ブラウザを開く
photo:15


※検索窓が付いてないので、Googleなどのサーチエンジンをブックマークに登録しておいた方が便利です。SafariとかでGoogleのページを表示させて、URL先頭にrをつけて「rhttp//www.google.co.jp/」のようにすればReadleDocsでGoogleのページを開けます。そしたら左上の「+」ボタンから幾分登録しやすくなるかと思います。これに関するブックマークレットは次のブックマークレット にてご紹介します。
photo:16


「+」ボタン:ブックマークに追加 
「←」ボタン:戻る 
「→」ボタン:進む 
「Save」ボタン:保存 
“Save Current Page”:現在表示しているページを保存
”Save Link As”:リンク先のページやファイルを保存する
「Bookmark」ボタン:ブックマーク※フォルダ管理不可、URLの変更不可。並び替え、削除可。
「Exit」ボタン:表示しているページからブラウザ画面のホームに戻る

②ダウンロードしたいファイルのあるページを開く(直接URLを入力したり、サーチエンジンで調べたりして)
④ダウンロードしたいファイルのあるページにいったら、画面下の「Save」をタップ
⑤「SaveLinkAs」をタップ→ダウンロードしたいファイルのリンクをタップでダウンロードできます。(保存名もダウンロード時に設定できます。)
photo:23



※ダウンロードしたいファイルのリンクをすでに開いている場合は「Save」でそのままダウンロードできます。
※iOS4.0以上の場合は、Safari上でReaddleDocsが対応しているファイルがあるとReaddleDocsで保存するかどうか聞かれますので、そっちの方が楽でしょう。



目次へ戻る





④ブックマークレット

「ReaddleDocs」の公式ガイドにSafariとの連携方法が書いてあったのでブックマークレット作ってみました(≧∀≦)♪ブックマークレットってなぁに?という方は こちら をご覧ください。少しはわかりやすくなるかもしれません。
今回のはそんなに便利じゃないかも…(汗)でもひょっとしたら、便利!と感じて下さる奇特な方がいらっしゃるかもしれませんので、一応ご紹介します。実のところ、estel自身はそんなに使ってませんf^_^;)ご紹介するのは3つ。全部は絶対要らないと思うので、まあ適当に使いそうなのを登録してください。申し訳ありませんが気力がないので、登録方法とかは「ブックマークレットの基本事項」で確認してください。


★Safariで表示しているページをReaddleDocsで開く

javascript:location.href='rhttp'+location.href.substring(4)

このブックマークレットをタップするとすぐにReaddleDocsが起動します。このブックマークレットを使用しなくても、表示しているページのURLの先頭にrを付け加えれば、Safariで表示しているページをReaddleDocsで開くことが可能です。

★Safariで表示しているページのリンク先をReaddleDocsで開く

Javascript:(function()%7Bvar%20a=document.getElementsByTagName('a');for(var%20i=0,j=a.length;i%3Cj;i++)%7Ba%5Bi%5D.setAttribute('target','_blank');a%5Bi%5D.href='rhttp'+a%5Bi%5D.href.substring(7)%7D%7D)();

このブックマークレットをタップした後、ReaddleDocsで表示したいリンクをタップしてください。

★Safariで表示しているページのリンク先をReaddleDocsで開く(パスワード付きページ用)

Javascript:(function()%7Bvar%20a=document.getElementsByTagName('a');for(var%20i=0,j=a.length;i%3Cj;i++)%7Ba%5Bi%5D.setAttribute('target','_blank');a%5Bi%5D.href=' rhttp://××××:○○○○@'+a%5Bi%5D.href.substring(7)%7D%7D)();

※ブックマークレット内の××××をユーザー名に、○○○○をパスワードに置き換えて使用してください。


目次へ戻る




⑤メールに添付されたファイルを保存しよう


①メールアカウントを登録する。
photo:17


画面下の「Attachments(添付ファイル)」をタップ→左上の「Add(追加)」をタップ→使用しているメールサービスをタップして必要事項を入力して登録。
photo:18


Gmail,Hotmail,AOL ,MobileMeやYahoo!メールプラス(有料)はメールアドレスとパスワードを入力するだけで簡単に登録できるので問題ないと思いますが、Yahoo!メールの無料アカウントを登録したいという方はホスト等を登録しなければならないので一応やり方をご説明します。

「Other E-mail Service」をタップ
photo:19


POP3を選択(いじらなければ初めから選択状態になってます)
・Hostのところに「pop.mail.yahoo.co.jp」を入力
・Loginのところにメールアドレスの@より前の部分、つまり「~@yahoo.co.jp」の「~」の部分を入力。
・Passwordのところにパスワードを入力してください。
・SSL/TLSは「OFF」のままで
右上の「Save」ボタンを押してください。

②登録したメールアカウントをタップ
photo:20


→メールの一覧が表示されたら、添付ファイルがついたメールをタップ

③一番上に添付ファイル、次に添付ファイルのtxtファイル版、メール本文がtxtファイルとして表示されます。
photo:21


ファイル名が日本語だと文字化けしちゃうようですが、中身に支障はありません。
メール本文をtxtファイルとして保存する機能はあんまりイケてないので、estelは全く使っていません。

※この機能はメールを読むのが目的じゃないので、添付ファイルを保存するのだけに限定した方が無難かな。


目次へ戻る


『Readdle Docs』の使い方 ― 後編 に続く。



iPhoneからの投稿

estelさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス