むちゃすぐらしあす

JFLで闘う、MIOびわこ草津を応援しています。

戦術だとか戦評だとかそのあたりを見極める眼はないので、サポーター目線で思ったことなどなど

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2009-04-12

今さらですが

テーマ:MIOびわこ草津

 今さらやけど、九州遠征のことなどです。


3/28

佐川ダービー@皇子山

SAGAWA SHIGA FC1-1佐川印刷


 SAGAWA SHIGA FCの注目は新加入の馬場選手。近江八幡出身、草津東→京産大のボランチで、開幕戦からスタメン出場を続けています。この試合ではキーパーと1対1の場面があったものの、シュートはキーパー正面へ。初得点はお預けとなりました。MIOの畑とは高校時代の同級生。MIOーHONDA戦も皇子山に来ていたようで、試合後畑と談笑してました。ちなみに開幕4試合連続でイエローを貰い、今節は出場停止だったようです。


 試合はSAGAWAがコーナーから先制するも、印刷もすぐにSAGAWAの選手が一瞬お見合いになった?(ちょっと記憶があいまいです。)ボールを奪い、最後は9番が冷静に2度切り返してゴル。その後は両者あまりチャンスはなく、引き分けでした。





3/29

ホンダロック戦@延岡

ホンダロック1-1MIOびわこ草津


 佐川ダービー後、夜行バスと電車で延岡へ。 観客は1000人超。スタンドが赤いとやはり少し威圧感がありました。個人的にはロックのスタメン発表がめちゃんこよかったです。来年も宮崎に聞きに行きたいです。


 試合ですが、前半、MIOの右サイドから裏に抜けられ失点。あっさり決められたなーという感がありましたが、時間も十分残ってたし、焦りはあまりありませんでした。そして後半、途中出場の壽のJFL初ゴル!やっと出ました。1年間待ち続けました。ゴール前の混戦から押し込んだ形で、綺麗なゴールではなかったかもしれないけど、それでも最高に輝いてました!

 同点に追いついた瞬間は、この試合勝てると思いました。後半はかなり押し込んでたし、絶対いけると思ったんですが、その後のシュートは枠を捉えられませんでした。勝ち切れなかったのは確かですが、やってることは間違っていないと信じることができた試合でした。


 ※安部さんのお母さんに飴ちゃんを頂きました。






4/5

V・ファーレン長崎戦@長崎

V・ファーレン長崎1-1MIOびわこ草津


 2週連続九州遠征は財布がきついです。チームも前期は宮崎あり長崎あり仁賀保ありで、相当苦しいと思います。それでも今年はアウェーでもたなごーと安藤2人とも来ているしちょっと嬉しいです。(この日はひろきさんが怪我で不在。)


 怪我でアウトの西畑のポジションには壽が入り、それ以外は前節と同じスタメンでキックオフ。気温はかなり高く、半袖でも十分な気候でした。結果はご存知のとおり、安部さんのゴルで先制するも、後半追いつかれて3試合連続のドロー。久しぶりの先制点(去年の湖南のソニ仙戦以来?)に興奮したものの、もう1点が遠かったです。2本がポストとバーに阻まれたり、安部さんがキーパーと1対1になるなどチャンスはかなりあったのですが、危ない場面も多く、たなごーが2、3点防いでたこともあり、最初は「ドローが妥当かな」と思ってましたが、時間がたつにつれ、悔しさが増してきました。しかし残り15分ぐらいは足が止まり非常に苦しかったものの、最後まで耐え抜けたことは非常に良かったと思います。


 この試合ではしんごがかなり良い感じで、今後に期待が持てました。あと今さらながら、たなごーがJFLNo.1キーパーだと確信しました。MIOにいてくれて本当によかった。安藤もいっつもスタンドまで挨拶に来てくれます。控えのキーパーの立場ってモチベーション維持するのがとても難しいと思うけど、いつかきっと安藤の力が必要になる時がくるし、頑張ってほしいです。


 余談ですが、今回行った長崎のスタジアムは良いスタジアムだったのですが、来年の夏には取り壊して新しいスタジアムを建てるそうです。こればっかりは本当にうらやましいです。スタ飯もなんやいろいろ売ってたし。分けてほしいもんですね。ボールボーイやチケットもぎりをしていた国見高校サッカー部の面々の眼光の鋭さにも脱帽しました。

 ※中尾さんのお母さんにキャラメルを頂きました。



 ひとまず自己満で書いておきます。





2009-03-14

ひっそり

テーマ:ブログ

7ヵ月半ぐらいほったらかしになってました。

新シーズンも開幕するということで、ひっそりと更新しようと思います。



昨シーズンについてですが、夏の連敗中の記憶(特にホームでの試合)が著しく薄くなってしまっていることに気づきました。人間の脳が嫌なことは忘れるようにできているのか、それとも単に僕の記憶力の問題なのか、どっちなのかはわかりません。でもあの苦しさは忘れたいけど忘れてはいけないような気がします。


開幕戦のアランの2点目、水島(H)のキジの2点目、武蔵野(A)のゆうじのゴール、北九(A)の試合後のたなごーの涙、TDK(A)でカウンターくらう→成浩のディレイ→視界の外からスライディングですっ飛んでくる東秀

などのように、ずっと記憶に残るシーンが今シーズンもたくさん見られれば、と思います。


シーズン終了後は選手の大量退団があり、胸の奥をえぐりとられたようなやるせない気持ちの時期がありました。選手の退団がこんなに辛いものだと初めて知ったし、正直今でも少しもやもや感があります。なんかMIOがMIOではなくなってしまうような気がしてちょっとセンチメンタルになった時もあったけど、それでも新監督・新加入選手が発表されると、これからどんなチームになるのかとわくわくし、3月に入ってJリーグの開幕特集とかを見ていると、心の奥から沸々と湧き上がってくるものがありました。練習やTMにあまり足を運べなかったのが残念です。


アウェーはどれだけ行けるかわからないけど、できる限り生で観たいです。

まずは鳥取。鳥取サポが試合前に歌う鳥男は好きな曲だけど、去年6ポイント献上してるし、これ以上勝ち点与えたくないしましてや開幕戦だし、選手の後押しができるよう、微力ながらもサポートがんばります。

2008-07-31

MIO TM ×水口高校

テーマ:MIOびわこ草津

30分(?)×3本


1本目 1-0

2本目 4or5-0

3本目 4or5-0


晴れ。過ごしやすい気候。蚊多し。


 すいません、例のごとくしっかりスコア確認してません。ほんまはもっと入ってたかも。


 1本目はMIO側のゴル裏から観ていたものの、脇で練習してるひろきコーチとやまごうについつい目がいく。僕、小学校の頃1番好きなサッカー選手がシジマールだったんです。いつかのヴェルディ戦での、


PK止める→先に動いたから蹴り直し→レオン監督抗議→シジマール「大丈夫、次も止めるから。」→ほんまに止める


ていうのにとてもしびれました。だからスポ少ではめっちゃキーパーやりたかったんですが、じゃんけんで負けて結局できませんでした。甘酸っぱい思い出です。なのでやっぱりキーパーには注目してしまいます。


 最後に、試合観てるといつもたなごうとかやまごうはなんであんなでかい声出るんやろーと思います。コートの反対側にいてもめちゃ聞こえるし。誰か大きい声出す方法(声を遠くに届ける方法)教えてください。お願いします。。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス