$リーダーへ贈る358の言葉

週末まで後少しの木曜日!

本日もお仕事、ホントウにお疲れさまです。

3/8の日経新聞に、こんな見出しが・・・。

 地球外生命か
 隕石に「化石」

「えっ、宇宙人の化石が発見されたの!?」

と思ったら、そんなことはなくて、隕石のなかに「藻類によく似た構造をみつけた」でした。「藻」というのも、確かに「生命」の一種なので「地球外生命」と言えばそうなのでしょう。もし、これが真実だとすると、地球のある種の「生命」が、地球の外からやってきた可能性が高まるわけです。う~ん、謎は深まります!


***


さて「今日の言葉」は、こちらの本から。

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)/林 成之


***

『脳にとってのごほうびは、
 利己的な損得の判断よりもっと広く、
 奥深いものです。
 簡単に説明すると
 「うれしいと感じること」
 ということになるかもしれません。
 これは自分の役に立つことだけでなく、
 目的や目標を成し遂げたり、
 人の役に立ったりすることが
 脳への報酬となることを意味しています』

***

 この本の著者、林先生は、北京オリンピックの水泳チームを指導した人です。それまでの水泳界の常識を覆した脳科学をベースにした練習法で、北京オリンピックでは、数々の記録が生まれました。
 ちなみに、この本のタイトルである脳に悪い7つの習慣は、こうです。

1「興味がない」と物事を避けることが覆い
2「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
3言われたことをコツコツやる
4常に効率を考えている
5やりたくないのに、我慢して勉強する
6スポーツや絵などの趣味がない
7めったに人をほめない

「今日の言葉」は、3言われたことをコツコツやる、の第3章に出てくるものですが、「利他の精神」が脳への報酬となることは、全編をとおして所々に出てきます。

 例えば、働く人たちに

「どんな時に、仕事のやりがいを感じますか?」

と尋ねると、

「お客さんに喜んでもらえた時」
「取引先の人から、ありがとう、と言ってもらえた時」
「君のお陰で助かったと感謝された時」

などなど、他人に喜んでもらえた、感謝された、といった答えが、少なくない人から出てくると思います。

 他人に喜んでもらえると、自分もうれしい!

 こうした時が、脳へのとてもよい報酬になり、つまり、そこに「仕事のやりがい」があるのは、人の脳がそれを求めているからと言えます。

 脳が求めているというと、なんだか変な感じがしますが、人の笑顔を見るとうれしいな~と感じるのは、自然な感情だと思います。

 林先生は、脳神経細胞がもつ本能は、この3つだと言い切ります。

1「生きたい」
2「知りたい」
3「仲間になりたい」

 なんだか、あまりにもシンプルで物足りない気がするのですが、「脳神経細胞の本能」ですので、そうかなと思います。

 面白いと感じるのは、「仲間になりたい」ですね。マズローの欲求説には「所属と愛の欲求」がありますけれど、それに相応するものでしょう。

 「今日の言葉」にある「他者の喜びが自分の喜びになる」という考え方は、この「仲間になりたい」と関連します。仲間の一員となるためには、自分勝手、自己チューでは通らないでしょう。他人の喜ぶことをしてげる気持ちが大事!オリンピックでは、仲間の選手を観客席で応援する姿がよくテレビに映し出されます。


 人の役にたつことは、脳への報酬。
 つまり、心を元気にすることにも、それは通じます!


あなたの「利他の心」を大切に!


***

今日も、あなたらしいリーダーシップを発揮して
【しなやかなリーダー】としての
ご活躍を心からお祈りしています。晴れ



元氣・勇氣・やる氣で(^O^)/




$リーダーへ贈る358の言葉




$リーダーへ贈る358の言葉




by EARTHSHIP COUNSULTING




AD