***

「自分に確信を持っていることは
 強みであり、
 挫折へと導くものであった」※


(by 女優 メリル・ストリープ)


***


2012年、アカデミー賞
主演女優賞を受賞したメリル・ストリープさん。
受賞した作品は、
元英国の首相マーガレット・サッチャーの
生涯を描いたものです。

メリル・ストリープさんの
徹底した役作りはとても有名で、
今回もサッチャーになりきるため
取材をし尽くしたという。

サッチャーの生涯を追いかけ
そして感じたのが、
「今日の言葉」です。


物事とは常に「表裏一体」である、

と、そのことを彷彿させる言葉です。


自信は何かを成し遂げるに
とても重要な要素です。

しかし、自信過剰となり
脇が甘くなれば、
一瞬にして、足もとを救われ、
栄光の座から転がり落ちていく。


「強み」は、瞬時に「弱み」となり、
「弱み」は、一瞬にして「強み」となる。


なんだか人生難しいなと、
こうしたことを書くと、
いつも結局「バランス」なんだな~と
そこに落ち着いてしますのですが、
でも、やっぱりそうなんだと思います!


過信なき自信を大切に!


ですかね・・・。


松山 淳





5,000人を越えるリーダーたちが読んでいるメルマガ
『リーダーへ贈る108通の手紙』





〈個人セッション〉3月の予定
$リーダーへ贈る358の言葉
50分 5,000円~




※日本経済新聞(2012.3 夕刊)より

AD