photo:02


エセンシャル・ユング―ユングが語るユング心理学/創元社


***

「人格なるものは、人生全般にわたって
 ゆっくりとしか発展しえない種のようなものである。
 また人格なるものは、
 有限性と全体性、そして成熟なしには存在しえない」


(by 分析心理学者 C.G.ユング)

***


ドキドキ「人格はゆっくりと発展する」


何事も性急なものには、ひずみが伴うもので、
ゆっくりと発展していくことで
その確かさは、増していくように思います。

実際には、急いで発展する時期が
やっぱり、あるわけでして、
ただ、全体としてのスピードを、
ある時点からふりかえってみると
トータルでは、ゆるやかになっていることが、
人の心のことに関しては、理想です。


ところが、現代はスピードがもてはやされ、


ビックリマーク「はやさに価値が置かれる時代」


となっています。

これはこれで、
人類が進化していくプロセスにおける
「ある時期」なのだとは思いますが、
スピードの時代に現実適応していくために
少々、苦しさを伴うのは、
むしろ、そちらのほうが普通のように思います。


だから、スピードに価値をおきつつも、


ニコニコ「ゆっくりしていることの価値」


をも、一方で、大切にして、
そのことを忘れないようにできるといいですね!

企業競争力の源泉とは、


ビックリマーク「人財」


であることは、間違いないわけで、



ドキドキ「人格がゆっくり発展する」


という事実からも、
時代に逆行する価値を常に考慮することで、
リーダーたちは、
その人格に深みをましていくのだと思います。




ですので、



クローバーゆっくりに価値を置くことも大切に!






晴れ今週も、リーダーとしてのお仕事、がんばってください\(^_^






リーダーシップ・スタイリスト 松山 淳






無料メルマガ『リーダーへ贈る108通の手紙』
$リーダーへ贈る358の言葉

月に2回ほどリーダーたちへ元氣・勇氣・やる氣をお贈りしています!
ご登録は無料です!>>> クリック!








AD