photo:02


考えるヒント (文春文庫)/文藝春秋


***

「ただ、待つのである。
 何処かしらから着想が現れ、それが言葉を整え、
 私の意識に何かを命ずる。
 私は、昔の人のように、
 陳腐なインスピレーションを待っている。」


 (by 批評家 小林秀雄)

***


ビックリマーク「待つコト」


効率的な成果を求められる現代人は、
どうも「待つコト」が苦手になったようです。


はてなマーク「待って成果は出るの?」


と聞かれると、頭を抱えてしまい、
それに対する明確な答えを言語化できないのが
苦しいところです。


「今日の言葉」が登場する、節の冒頭では、
あるプロ野球選手に

はてなマーク「スランプを乗り越えるのにどうするのか」

と、小林さんが尋ねると、
その選手は、こう答えています。


ニコニコ「よく食って、よく眠って、ただ、待っているんだ」


以前、イチロー選手がひどいスランプに陥った姿を
NHKのカメラがとらえていました。

記者のインタビューに答えるイチロー選手の表情は、
やつれ、疲れ果て、少し涙目でした。

イチロー選手もまた、自分のできることをして、後は、


ビックリマーク「待っている」


という状態のように私には見えました。

かつて心理療法家河合隼雄さんは、
カウンセリングの極意をこういいました。


メラメラ「何もしないことに、全力を尽くす」



待つことで、
すぐにどうこうなるわけではないですが、
待つことでしか、
成し遂げられないことがあり、
スランプや逆境など
何かがうまくいかない、思うにならない時期を通して、
私たちは、


ドキドキ「待つコトの尊さ」


を知るのでしょう。



ですので、



クローバー待つことの意識も大切に!





晴れ今日も、リーダーとしてのお仕事、がんばってください\(^_^






リーダーシップ・スタイリスト 松山 淳






無料メルマガ『リーダーへ贈る108通の手紙』
$リーダーへ贈る358の言葉

月に2回ほどリーダーたちへ元氣・勇氣・やる氣をお贈りしています!
ご登録は無料です!>>> クリック!





AD