$リーダーへ贈る358の言葉

一週間の始まり月曜日ではなくて・・、

火曜日のお仕事、

本日もホントウにお疲れさまです。

東京は残暑が戻り、
朝からもわっとしています。
それでもあの酷暑の頃に比べれば
まだいいです。
やっぱり風が違いますね。
季節は秋です。

今日は『棚から一言』

ひとつ上のチーム。/眞木 準


***

「衝突をくり返すことで、
 アイディアはますます膨らむ。
 そして果実としての甘さを増すのである。
 それゆえ、衝突を避ける必要もなければ、
 恐れる必要もない」

***

サッカーWカップ南アフリカ大会を率いた
岡田監督が、帰国後の記者会見で
こんなことを言っていました。

「1+1は2ではなくて
 3にも4にもなることを
 証明したかった」

まさにこれぞチームですね。
ひとりひとりの個性や能力が
単純に足されるのではなく
化学反応を起こして
かけ算のごとく、予想を上回るものになる。

そのためにも、衝突とも思える
「対話」が欠かせない。

話し、聴き、話し、聴く。
するとふっと、
何か思いつつくことがある。

チームの恩恵。

個性がぶつかり合うからこそ生まれる
この瞬間は、単なるグループが
「チームになる」瞬間でもある。

より上を目指して、
衝突を恐れないコト。

大切ですね!


晴れ


さて、今日の言葉も

『竜馬がゆく(六) 』(文春文庫 P224)からです。




***

『生きるも死ぬも、
 物の一表現にすぎぬ。
 いちいちかかずらわっておられるものか。
 人間は事を成すか成さぬかだけを
 考えておればよいと思うようになった』

***

「竜馬がゆく」では、

竜馬が自らの「死生観」について、よく語ります。

「今日の言葉」もそうですが、

「死を恐れない」

というようりも、むしろ

「生きている間に何を成すか」

ということに、
竜馬は思考の焦点を常に
合わせていたように感じます。

その結果として、

「死」は副産物、つまり「おまけ」の

ようなものであって、

竜馬にとって大切なのは、

常に現実に起きる出来事であったようです。



あなたの「成すコト」を大切に!



***

今日も、あなたらしいリーダーシップを発揮して
【しなやかなリーダー】としての
ご活躍を心からお祈りしています。晴れ


そして、今週も、実り多い1週間をデザインしてください!


元氣・勇氣・やる氣で(^O^)/




by EARTHSHIP COUNSULTING

AD