photo:01


指導者の条件―人心の妙味に思う (PHP文庫 マ 5-8)/PHP研究所


***

「過去の考え方、これまでのやり方にとらわれることなく、
 日に日に新たな観点に立ってものを考え、
 ことをなしていく、
 それが指導者として欠かすことのできない大切な要件である」


    (by 松下幸之助)

***


ビックリマーク苟(まこと)に日に新たにせば、
  日々に新た、また日に新たなり


中国古代の 殷(いん)王朝をひらいた湯(とう)王は、
孔子が名君とあげる名君でした。

湯王は、自分を戒めるために、上の言葉を
盤(洗面器のようなもの)に刻んでいたといいます。

新たな年が始まり、年初は、
「新たな気分」をもつことのできる絶好の機会です。


メラメラ「今年はこれをやりとげるぞ!」


そんな希望に満ちている時間でもあり、
その新鮮な気持ちを、3月も8月も10月も、
持ち続けることができたらすばらしいことですね!


日々、自分の鮮度を保つために、
こんな言葉はいかがでしょうか。


***

クラッカー今日という日は、残りの人生の第一日目である

 Today is the first day of the rest of your life.

***

私たちの日常は永遠に続くわけではなく、
決して繰り返されることのない、
いつでも「最初の日」である。


1月1日や、1月は、年の始まりだから
特別な感じがしますが、
私たちは朝目覚めるたびに、元旦とかわらない


「新しい1日」


を毎朝、迎えています。

そのことを胸に秘め行動していくならば、
春にも、夏にも、晩秋にも、
きっと、新鮮な気分を維持できるのだと思います!


いつでも新年の透明な空気のような新たな気持ちで、

2014年も、皆さまのご活躍をお祈りしています。


本年もどうぞよろしくお願いいたします!



松山淳

AD