photo:02


***

「私たちは社長と社員ではなく、
 固く結ばれたチームだった。
 だから誰かの誕生日がくると、
 私はついついパールのペンダントやスカーフ、
 セーターなどを買っては贈った。」※


(by テンプスタッフ創業者 篠原欣子)

***


ビックリマーク「社長だからリーダーではない」


リーダーは肩書きではない、とよくいいます。
これはリーダーシップを考える、ひとつの視点です。

例えば、電車にのっていて何か事件が発生する。
皆で力を合わせて脱出しなくてはいけない状況だ。
この時、大丈夫、大丈夫、とみんなを励ましたり、
先頭にたって人をまとめようとしたり、
瞬間的に動き出す人がいます。

こういったケースで現れるリーダーを


合格「自然発生的リーダー」


と呼ぶことがあります。
この偶発的に出現するリーダーは、
必ずしも社会的に高いポジションにある人ではありません。

学歴の高い大企業の管理職や役員ではなく、
普段から人慣れした、小さな魚屋さんや八百屋さんを営む
店主かもしれません。

こうしたコトを考えると、
篠原社長の「今日の言葉」が理解されてきます。


ビックリマーク「社長と社員ではない」


ということは、
篠原社長がリーダーとして、
肩書きにこだわっているわけではないわけです。

この言葉は、テンプスタッフの創業期の
ご自身を形容したもので、
ベンチャー企業が、成長をとげていく過程において、
会社の制度や決まりにしばられず、
リーダー(社長)とフォロワー(社員)とが、
人間と人間としてつきあっている、
ある意味での組織の理想型だともいえます。

そうした中で、誕生日があれば、
お祝いするというのは、
とてもナチュラルなリーダーの姿ですね。


ひらめき電球「リーダーは地位ではない」




ですので、



クローバー肩書きよりチームをまとめる意識を大切に!





晴れ今日も、リーダーとしてのお仕事、がんばってください\(^_^






リーダーシップ・スタイリスト 松山 淳






無料メルマガ『リーダーへ贈る108通の手紙』
$リーダーへ贈る358の言葉

月に2回ほどリーダーたちへ元氣・勇氣・やる氣をお贈りしています!
ご登録は無料です!>>> クリック!




※『日本経済新聞「私の履歴書」』(2013.6.19付け朝刊)より