We CAN Save Earth! Installment 457 |    Steve Walkerの『Save Languages, Save Earth!』

   Steve Walkerの『Save Languages, Save Earth!』

言語保護活動家・環境保護家であるスティーブウォーカーによる活動日記。

 

親愛なる地球人の皆様へ

 

最終的には、その国に住む人がその国の行く末を決めるべきです。言語に反映されるべきことは、先人から受け継いできたもの、その国の人々の心の持ちよう、事象に対する姿勢、個性などです。

 

日本に関して言えば鎖国前の状態に戻ることができないのは明白です。1853年、神奈川県浦賀にアメリカの黒船が来航した以前の状態のことです。日本には世界の他の国では見られない類まれなる魅力があります。しかし、日本の皆様は、自ら及び次世代のためにその独創性を保持しなければならない責任があります。

 

以前のブログ記事第88号にて、フォークランド諸島の方々が独自の言語と文化をいかにしたら保持することができるかということをご紹介させて頂きましたが、同様に日本の方々にもご提案をさせて頂きたく思います。

 

まず、外国人に対する日本への移住条件に、日本語にまつわるあらゆる側面を習得すること、及び宗教や思想をはじめとする日本の伝統とされるものに敬意を示すことを加えるべきだということがあります。

 

つぎに、中学校まで英語は教科に入れるべきではないことが挙げられます。『the Jingles』では、いかなる言語話者においても新たな目標言語の音韻組織及び聴解力を習得させ極める方法が確立しています。言語は幼少時から始めるべきだとよく言われますが、たとえ思春期を過ぎていたとしても、それは問題にはなりません。中学校前に外国語の習得に多大な時間を割く必要はないということがご理解頂けることでしょう。12歳に達するまで母語の日本語を通じた学習経験を行うことを最優先とすることが大切であり、英語を母語とする者と同程度の美しい英語発音は中学校以後問題なく身につきます。

 

続いて、日本の報道機関においては、英語をはじめとする外来語の使用制限を勧告する必要があります。音韻的にみて英語を母語とする者と同程度の発音習得をしている日本人が増加したことにより、外来語が日本語の発音に影響を与え始める危険性が高まっています。外国語を話すことができると、その外国語の音韻を母語の音素にも組み入れる傾向が人にはあるからです。

 

現状を存続させることは、やがては日本言語の終焉に繋がることになります。

 

ともあれ、国というものは、子どもたちにその国の言語を学ばせることを保障するべきです。そして、他国言語の習得を名目に自国語習得を疎かにすべきではありません。

 

スティーブ・ウォーカー
地球保護活動家、ジングルズ開発者

 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

Dear Fellow Earthlings,

   Ultimately, it  should be the people of any country to determine what course their nation
will take in all its manifestations. Regarding their language, it should reflect their heritage,
their attitudes, their aspirations, and the identity they have of themselves.

   While Japan cannot go back to the days before United States ships arrived at Uraga Harbor
in Japan's Kanagawa Prefecture back in 1853, the Japanese people do have a responsibility to
themselves and to posterity for preserving the uniqueness that stands them apart from all
of the other families of nations and, indeed among all of mankind.


   Similar to the suggestions I made in Installment 88 regarding how the Falkland Islanders
can preserve their language and culture, I suggest that the Japanese should insist that people
moving into Japan from other countries should be required to master all aspects of the
Japanese language and to show respect for Japan's traditions, including its religions and
philosophies.

   English should not be presented as a subject in school until middle school. "The Jingles"
are firmly established as a means for providing non-native speakers of any language
to master the phonology and listening comprehension skills of  a new target language even
after they have reached puberty. Therefore, there is absolutely no need to divert Japanese
children from the primary task of mastering their mother tongue and experiencing 12 years of
mainly Japanese language experiences before going on to learn other languages -- and with
beautiful, nativelike results.

   The media in Japan need to play a part in promoting the use of Japanese that uses as few
loan words from English as possible. Since Japanese people are making tangible gains in
mastering nativelike English phonology to a certain extent, there is the danger that loan words
could begin affecting the pronunciations of indigenous words, since humans tend to meld the
phonologies of languages they speak into their phonomes.

   To allow the present situation to continue will lead to the ultimate end of the Japanese language.

   In short, a nation should allow its children to learn the national language of that nation -- and in
a manner unimpeded by the need to learn other languages.

Steve Walker
Earthsaver and Jingles Creator