We CAN Save Earth! Installment 454 |    Steve Walkerの『Save Languages, Save Earth!』

   Steve Walkerの『Save Languages, Save Earth!』

言語保護活動家・環境保護家であるスティーブウォーカーによる活動日記。

 

親愛なる地球人の皆様へ

 

イスラエル(人)は、なんとかヘブライ語を取り戻し、甦らせることができました。

ヘブライ語は、今やイスラエルの人々の間で定着し、息づいているのです。
そして、さらには発展もしています。

 

全言語の話者たちは、この偉業を調査すべきではないでしょうか。

そして今や、人工知能が出現したこの新時代においては、人工知能を用いることによって、イスラエル(人)の偉業を模倣することが可能だと思います。

我々は、全ての言語を守ることができますし、”取り戻す”ことが出来るのです!

 

国際化への対処の競争の中で、多くの日本人は日本語の重要性を引き下げ、その代わりに、子どもたちにまずはしっかりと英語を習得させようということを選択してしまっているようです。

極端な例を挙げますと、あるお客様の一人はお子さまを、東京のいわゆる“国際学校(インターナショナル スクール)”に通わせています。そこでは、英語のみしか使用が許可されていません。

さらに、このお客様は、特に日本語が保護される必要性はないと考えているようでした。

 

この極端な例の一方で、人は進むべき方向と全く逆の方向に進もうと決めた時、どういうことが起こり得るのかということを暗示しているのではないでしょうか。

 

さらに私は自分たちの思考に柔軟性を持たせたいと思っている日本人の方のために、まずは自分の文化を評価し、日本人であることを何世紀にも渡って運命づけられていたのだと提案させていただきたいのです。さらには、安心していただきたいのは、日本語保護に起こりうるすべての危険に対して、人工知能は日本語を守り、もし望まれるのであれば、日本人の方が英語に非常に堪能になれる為の両方に用いることが可能です!


実際に、人工知能はまもなく、手動式、埋め込み式、ダウンロードされた装置に任せれば
母国語話者のような日本語もしくは英語話者のように日本人が話せるようになれる、どちらか一方のことを可能にできるでしょう。

 

しかし、私は人口知能がこのようなことのために存在することを好みません。しかし私は現実主義者です。私たちが人口知能を制御するために安全装置が埋め込まれていることを確認できさえすれば、出発してもいいのではないでしょうか。しっかりと安全ベルトを締め、ヘルメットとゴーグルを着用してください!(ブログ第369号と453号もあわせてご覧ください。)

 

皆様、日本語を消滅させる必要はないのです!人口知能は人間が話し、書いた他の言語とも共に生き残こすことができるのです。

 

スティーブ・ウォーカー
地球保護活動家、ジングルズ開発者
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

Dear Fellow Earthlings,

 

  Israel and the Jewish people have managed to bring back and revitalize the Hebrew language. Hebrew, surviving only as a liturgical language for some 2,000 years, once again lives, breathes,   and flourishes. People whose languages are in danger of going extinct should look into this accomplishment and emulate it. In this new age of AI, it IS possible to do. Through the use of  AI we can save and/or "bring back" ALL languages.

   In an attempt to deal with globalization, many Japanese people discount the importance of the Japanese language, choosing instead to ensure that their children master English. For example,

one of my client's, who sends kerm child to an "international school" in Tokyo (where only English

is used) tells me kee sees no need to "preserve" the Japanese language...

   While this is case, it shows what can happen when a person decides to head in a direction diametrically opposite to where kee could be heading.

  For those Japanese who wish to be more flexible in their thinking, I suggest that they take stock of their culture and of what it has meant over the centuries to be Japanese. Furthermore, I reassure

them that, for all its dangers, AI CAN be used to both preserve the Japanese language and to help Japanese people be completely fluent in English, if they wish to do so.

   Indeed, AI will soon make it possible for Japanese to let their handheld/implanted/downloaded devices do either their nativelike Japanese or nativelike English talking for them...

   I defintely do not like the fact that AI is here to stay. But I am realistic: So long as we ensure that there are built-in safeguards (See Installment 369 and Installment 453.) to control AI, then let's hop on for the ride! But we should definitely fasten our harnesses and wear helmets and goggles!

   The Japanese language need not die! It can co-survive along with every other language spoken/written by humans.

Steve Walker
Earthsaver and Jingles Creator