松牛  ちょっと贅沢なお肉屋さん オープン! | ☆建築設計 Atelier Earth Work へ ようこそ☆
2007-04-24 12:08:40

松牛  ちょっと贅沢なお肉屋さん オープン!

テーマ:建築
4月3日、岩出市野上野に
『松牛 ちょっと贅沢なお肉屋さん』 がオープンしました。

松牛夕景1  
こちらのお店、ご縁があって、うちの事務所で設計・監理を担当させていただきました音譜
オーナーの松下隆紀さんとは納得の行くまで何度も何度も打ち合わせをし、熱のこもった打ち合わせのために日付がかわって帰宅する事もしばしば…星空
お肉特有の「赤身の色」を活かせる店内のインテリアと素材、お客さんがお越しになって車を停め、入店し、商品を選び、ご注文、お帰りになるまでの動線や、お店で働く人たちが作業しやすい動線、生鮮食品を扱うので直射日光を避けたレイアウト、室内温度にも気をつけなくてはならないとか…課題は沢山ありました。
お肉屋さんをもっと知るために松下さんと共に和歌山市内は勿論、京阪神までお肉屋さん巡りもしましたし車、カラーコーディネーターのIRIS 中西尚子さん にも店内のカラーイメージ、お店のロゴデザイン、ショーケース内の値札デザインなどいろいろと参加していただきました。
正直言ってこの「アトリエ・アースワーク&松牛プロジェクト」は気合い入っています


松牛夕景

松牛照明   松牛1

松牛さんの事は、リビング和歌山さん街コミZAQのちゅららさ   @和歌山さん 他、たくさんの方々が名文と共に口コミ情報を提供してくださっていますので、ご紹介させていただきます。

お肉はもちろんおいしいです。同じようなお値段で近所のスーパー(創業当時は精肉店です)で買うよりも、お肉そのものに味があってVery Goodチョキコロッケもおいしいです。オーナーの松下隆紀さんとの打ち合わせが終わり、「今から帰るよ車」メールに「コロッケ買ったよ」って入ってると、夕食後でも「まだまだ食べられる!」って言う気持ちになって、子供たちは主人ではなく「コロッケ様」が届くのを待っておりましたにひひ

先日もオープンのお祝いに主人とお店にお伺いしました。ショーケース見てたら、あれもこれも買いたいって思うんだけど、一度に沢山買って帰っても鮮度を落とすだけなので、また来る事にし、焼肉用にロース、赤身合わせて1キロちょっとと豚バラ1キロを買って帰りました。お店に保冷バッグ&保冷剤(実費)も用意されていて、お店からお客様のお宅へ届くまでお肉の鮮度を保てるように気遣いがされています。

近くの方も、ちょっと遠いかな?って言う方も一度「松牛」のお肉とコロッケをお試しあれ!!
ネット販売もあるようです。

earth-workさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス