瀬戸市の中学校でキャリア講師をしてきました | ベクトルVOICE司会・講師 加賀さらら

ベクトルVOICE司会・講師 加賀さらら

ミチノオト
私がマイクを通してお伝えする言葉は
新郎新婦がこれまで生きてきた、路(みち)の音。
あるいは、新郎新婦自身も気づいていない、心の奥底にあった未知の音。

一緒に創る大切な瞬間を、皆様の心のノートに書き留めてほしいから
大切に、言葉を紡いでいます

一般社団法人 日本コミュニケーション機構 シニア認定講師 加賀さららです。


瀬戸市内の中学校で、2年生へ向けて職業講和をさせて頂きました。
 
 
 
フリーアナウンサーとして・・・
どんな仕事をしているのか、自分の体験を語ります。
 
{76BE6BCE-7339-4BA7-A6FC-906AF1712715}

 

 

 

学生時代、家が貧しくて、進路は選べず、着る服もなかったこと

教育も、レジャーも、文房具も、

周りが当たり前のように持っているものが、うちにはないのが当たり前。

「どうせウチは無理だし」

と、あきらめるのが当たり前になっていた。

 

 

 

みんなは、どうですか?

 

 

 

 

「どうせなれるわけないし、って思っている職業はない?」

 

 

{EE9C11CA-2ABB-4149-BA71-CD2680FC0A18}
どうせ無理・・・と思っている仕事は、
自分が興味をひかれている証拠。
 

 

 

そこに、あなたがやりたいことがある。

 

 

 

 

 

アナウンサーなんてなれるわけない、どうせ無理と思っていた。
でも、司会者ならなれるかな?と思って進んだ20代。

 

 

講師なんて、なれるわけないと思い続けてきた30代。

2人目出産を機に、実現した。

 


 

将来何になりたい?と聞かれても、

答えはすぐに出ない年ごろ。

 

 

じゃぁ、

 

 

 

「どうせ無理だし。なれるわけないし」

 

 

という仕事はある?

 

 

 

 

 

 

 

 

途中で早口言葉のワークも取り入れた。

{32D6127E-69C0-4772-BB2E-9872B92E5430}

隣のクラスから「すごい盛り上がってましたねー!」と言われるほど

 

早口言葉、盛り上がりました!

学生時代、目立たなかったし、運動はできないし、作文や絵で特に賞を取ることもなかった。

 

 

 

でも、早口言葉だけはクラスで一番うまかった。

 

 

早口言葉がうまいからって、なんの役にも立たないと思っていた。

でも、今の仕事につながっていた。

 

 

 

お友達や家族から「すごいね!」って言われたことはない?

そういわれて、

「は?フツーだし。誰でもできるし」

「もっとできる人、いくらでもいるし」

って思った経験はない?

 

 

 

 

これから先、そういうことがあったら、是非覚えていてほしい。

 

 

 

 

それは、あなたの強みです。

 

 

 

 

 

・・・・という話をしつつも・・・

 

 

 

最後、質疑応答で、

 

 

 

「仕事をしていて、辛かったことは何ですか?」という質問に対し、

 

 

 

 

 

 

「うーん・・・・契約を切られた時ですかねぇ・・・」

 

 

 

 

うん、ガチで答えすぎたww

 

{A54C6910-E532-4F63-843E-324F5223C69E}
最後、一番前で目をキラキラさせながら聞いてくれた女の子(放送部員だって!)
感想を、その場の気持ちで、自分の言葉で語ってくれたのが
すっごく嬉しかった。
 
 
 
 
教室まで案内してくれた男の子に、 
 
 
どうせ無理って思っている職業はある?と聞いたら
 
 
ホテルマン
 
 
 
という答え。
 
 
 
 
 
 
歩きながら、学校のことを聞くと、体育祭のこと、出席番号の事、廊下に飾ってある絵のこと
 
わかりやすく説明してくれた彼。
 
絶対いいホテルマンになれると思う!
 
 
 
 
 
 
貴重な機会を
ありがとうございました!
 

 

↓追加してね♪

友だち追加