マカオグランプリ観戦ツアーブログ(5) | eAMATRAVELのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

eAMATRAVELのブログ

モータースポーツを中心とした、スポーツ観戦、観覧ツアーを実施するイーマトラベルの旅ブログです!
スポーツをテーマにプロのライターが書くコラムも掲載します!

前回はグランプリの様子をレポートさせて頂きました。

レース期間の前後はマカオはレース主体となり、観光客もどっと押し寄せます。

当然、レストラン、ホテルも混みますので、ホテルは勿論ですが、夕食のレストランも予約や空席を事前にチェックされておいたほうが無難でですよ。

弊社のツアーではレースや車を楽しんで頂く事は勿論なのですが、折角異国の土地に来て頂いたので観光や地元の料理を堪能頂くこともツアーの趣旨としています。

そこで、今回、ご参加者の皆様をお連れしたイチオシのレストランをご紹介しますナイフとフォーク

 

・SOLMAR(ソルマー)

 滞在先のホテルリスボアから徒歩で10分程度の老舗のポルトガル料理店です。

 元気の良いおじいちゃんが店番で迎えてくれます。

 バカリャウ(干し鱈のコロッケ)、アフリカンチキン、ポテトのスープは絶品でした。

 アフリカンチキンは店によって、味が異なる様ですがこちらのものは、揚げた骨付き鶏肉に

 トマトベースのソースをかけたスパイシーな一品です。

 骨があるのでやや食べるのに苦労しますがトマトとニンニクのソースがチキンに良く合うイチオシフードです。

 個人的にはポテトのスープは絶品でした。美味しかったです。

  

  お昼も夜も営業しています。

  日本語を話すスタッフはいない様ですが、写真付きの日本語メニューもあるので、

  頼んでから「失敗した!!想像と違った!!」ということは少ないとおもいます。

 

 ・葡京日麗(Portas do Sol)

 

 ホテルリスボア内にある広東料理のお店で、飲茶を頂きました。

 マカオは勿論、中国文化でありますので、休日になるとお昼は飲茶という文化があります。

 お昼に伺い、まずはお茶をオーダー。メニューを見ながら紙で色々な点心を注文しました。

 世界各国で中華を食べても点心は基本的にハズレはないですね。メロンパン

 蒸す、焼く、揚げる等の様々な点心は絶品。締めのチャーハンまで美味しく頂きました。

 

・粥麵荘(Noodle & Congee Center)

グランドリスボアにある粥麺荘。麺類とお粥を中心としたリーズナブルなレストランです。ラーメン

カジノ内にあるので、24時間営業が嬉しいですね。

ラーメンやつけ麺、お粥が気軽に食べれますし、1人でも全く問題ありません。

メニューは英語で判りやすいです。

そしてここのウリが写真にもあるお茶のパフォーマンスです。

カンフー的な衣装を着た人が、長い筒の急須で曲芸の様なパフォーマンスで目の前でお茶を注いでくれます。

但し、お茶を注文する際にリクエストしないと単に急須に注がれたお茶をスタッフが持ってくるだけなので、

必ずパフォーマンスをリクエストすることが大事です。

冷房がきついので、羽織るものを持っていくと良いですね。

 

コチラは、リスボアスタンド裏の台湾中華の店で食べた牛肉麺です。

醤油ベースのスープが美味しかったですね。ラーメン

 

マカオは東西文化が融合した国なので、アジア料理、西洋料理、様々な料理を堪能することが出来ます。

毎日、色々な流離を楽しむことができますし、恐らく日本の風味に慣れた方でも美味しく頂けるものばかりと思います。

 

観光、食事も旅の一つのたのしみ。

そんなツアーを皆様にご提供していきたいですねニコニコ

 

2020年のレースツアーカレンダーを弊社のHPに掲載しました!

2020年は2年に1度のレースもありクラシックカーイベントが目白押しです。

コチラもぜひチェックしてください!

http://eama-travel.com/mt/eama-travel/kansentour/motorsports-calendar/