最悪のホテル

テーマ:
おはようございます!
名古屋の朝は曇り。
午前中には仕事が終わって午後には東京に帰れます。

ホテルはあまり良くない。
スリッパがピニール、消毒した形跡もなく、誰が履いたがわからないスリッパ、とてもじゃないが履けない。
今時、こんなホテルがあること自体が信じられない。
駅前と謳っていながら結構歩く!
講演の依頼があった旅行社がとってくれた。
安ければ彼らにとっていいのかもしれないが、安くてもいいホテルがたくさんあるはず。
旅行社ならその辺の情報は知ってるはず。

こういう関係は旅行社にしてみればWin-Lose、
一方、私はLise-Win
この旅行社の幹部には随分前にWin-Winの発想じゃないとお客さんが逃げていくよ、って話したはずなのに活かされてない。
仕事を紹介してやったという気持ちで仕事してるからダメなんだな!
買い手も売り手も同じ立場なんだってことを分かってない。
こらは大きな会社によく見られる傾向ですが、
お客さんは買ってもらうお客さんだけでないのに!
下請けいじめなんて最悪のパラダイム!

近江商人曰く
「買い手よし、売り手よし、社会よし」
これは三方がWin-Winと言うことなんですね。

今日の鎌田ノートのテーマはWin-Win発想について!

ダメな会社の共通点、

レスポンスが遅い
放りっぱなし
自分の仕事に意欲がない
研鑽の意志がない
いつも後追い
相手の気持ちに立って仕事してない
チャレンジ意欲が低下
コミュニケーション不足

さてと旅行社には関係なく私の話を聞いてくれるお客さんの為に精一杯、頑張ります。