鎌田ノートが更新されました。
とあるコンサルタントがディズニーの混雑振りに辟易し、それだけならまだしもディズニーゲスト並びにキャストまでも愚弄してる内容とその稚拙さに呆れてしまった私。
彼と彼の家族のディズニー嫌いは典型的なダメオヤジと思い上がりの賜物だと思ったものです。
ほら、人はどこかに旅に行こうとすればある程度は事前調査なり、効果的な行程を考えるでしょう。
ましてや噂では相当混雑すると思われるディズニーリゾートに行くなら余計に緻密な計画を立てるのが普通でしょ。
それなのにただ漫然と行って混雑の荒波に翻弄され、疲れ果ててしまう家族は多いはず。
その典型がこのコンサルタントのディズニー体験でした。
彼の子供達は全くディズニーには興味もなく博物館に連れて行け、小遣い増やせと言うことらしい。
その原因はあるときディズニーランドに行って夏の放水系のイベントとは知らず抽選に当たったと喜んでいたらビショ、ビショになってしまって、家族全員がディズニー嫌いになったのだと言う。
これってこのイベントの最初の話かしらね。
今じゃ喜んで濡れに行くゲストがいるなんて彼には信じられないはずだ。
パレードの為に待ってるゲストはゴザ敷いてるとか書いてるし、彼の頭の中はかなりの時代錯誤に陥ってる。
キャストは千葉県民、海外に行けば東京から来ましたと言うに違いないと愚弄する。
今はオフシャルのディズニーアプリがあってアトラクションの待ち時間も瞬時にわかる。
ファストパスの待ち時間も終了したかもわかる。
さらに混雑緩和策も遅きに失した感は歪めないがパークの拡張に3,000億も投資し、現実にその工事中であることも彼は知らない。
彼は資本主義に名を借りた共産主義とまで話を誇張させてしまってる。
ほら、金持ちもそうでない人も公平に並ばなければならないからだと!
彼はバケーションパッケージなるものについても無知なのだ。
この荒唐無稽なコラムの結論はディズニキャストもゲストも尋常じゃない連中と言う事だ。
人はそれぞれ、価値観が違う。
ディズニーが好きな人たちも居れば嫌いな人もおる。
だからと言ってディズニー好きな人達を愚弄するのはおかしな話だ。

こんな内容のことを書き連ねた私の鎌田ノート、冷静沈着なるアシスタントからダメ出し!
フェイスブックの内輪だけならまだしも会社のホームページに載せるのはまかりならぬと!さ。
彼と同じレベルになってしまうからと理由!

確かにオリエンタルランドの経営に首をかしげるような事もままあります。
ウォルト・ディズニーの方針ではなかったはずだなと思う事象も数多く感じられるのもあります。
そんな事も百も承知ではあります。

てな事で鎌田ノートそのものは彼の話は一切出てきません。
とても穏やかな内容になってしまいました。

悪しからず!

http://www.visionaryjapan.com/note/index.html