「ディズニー 夢をかなえる神様が教えてくれたこと」
第3話  見えないそうじ、より

それよりもっと大事なものがあるって、僕はディズニーのそうじで学んだ。
もちろん ゲストのためにそうじをするんだけど、そのそうじは働いてるキャストの心もきれいに するし、そういう仕事をしてる自分自身が誇りに思えるようになれるんだ。  
自分たちが磨き上げた、世界にひとつだけのステージを毎日つくれるんだからね。  
誰が見ていようと見てなかろうと自分が本当に心からやりたいことをやる。
それが大 事なことだからね。  
そうだ、もうひとつ大事なものがある。
どこで何をしていても楽しくなれる方法も ディズニーで僕が見つけたんだ。
なんだと思う? 
どんなことをやっても楽しくなる秘 密は真剣にやることなんだよ。  
つまらない、嫌だなと思って適当にやれば、本当につまらなくて嫌になる。
だけど真 剣にやるとそうじゃなくなるんだな。
ディズニーの楽しさをつくっているのは、キャス トたちの真剣さだとも言える。
そういう自分であることをみんなが誇りを持ってる し、大事にしてるんだ。

航希君。君は、本当はどうありたいんだい?」