「ディズニー 夢をかなえる神様が教えてくれたこと」
第2話  夢の音色より

もう自分の場所がない、夢が描けないってあんなに絶望してたのに、本当は「自分の 中」にちゃんとあったのだ。
「彩美さん」
「ん、どうしたの光希ちゃん」  トロンボーンの音を出すのをやめて彩美さんに私は言う。
 「私ね、ディズニーじゃなくても、いろんな場所に出かけていろんな人の前で演奏でき る人になるから。そしたら彩美さんが旦那さんの転勤でどこにいても、私が会いに行け ますよね」
「光希ちゃん......ありがと...」
 ディズニーの夢をかなえる神様は、どんなときもいる。
自分が今いる場所で今自分に できることに向き合う人にそっと力をくれる。