産業廃棄物適正管理能力検定受験申込み開始します! | 一般社団法人環境アライアンス2F4K

一般社団法人環境アライアンス2F4K

廃棄物処理業界の役立つ情報を発信!

■産業廃棄物適正管理能力検定受験申込み開始します!

 

 

環境アライアンス2F4Kでは、廃棄物管理者の能力向上のための検定受験をおススメしています。

 

【日時】2019年12月6日(金)13:30~(試験時間90分)
【受験料】8,500円(税別)
【会場】札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・岡山・福岡
【定員】各会場100名
【申込期限】2019年11月15日(金)

検定試験の詳細、お申し込みはコチラから

 

 

 

『産業廃棄物適正管理能力検定』とは。。。
(一社)企業環境リスク解決機構が主催で行っている排出事業者を対象とした産業廃棄物処理実務に特化した検定試験です。

 

この検定は、廃棄物処理法をはじめ、各種リサイクル法特措法など、

「担当者が実務を行う上で知っておかなければならない知識」

をまとめたものです。

 

 

産業廃棄物の実務を適正に行うための基礎知識を体系的に学ぶことができるとともに、

その習得度を客観的に確認する手段としても有効です。

 

 

廃棄されたはずのものが横流しされた事件マニフェスト伝票の偽造無許可業者による不適正処分など。。。。


廃棄物処理を業者に任せてれば安心!というわけではありません。
一部の悪徳業者によって、このような不法行為に巻き込まれてしまったケ―スが
度々、ネット上やニュースで報道されていますよね。

 

 

廃棄物の適正処分には、様々な守るべき法律があります。

そして、それらを知っておかなければ、不法投棄などの不適正処理に巻き込まれてしまうことも。。。

知らなかった!では済まされないのが廃棄物処理法です。


そこで、廃棄物は出したら終わりではなく、排出者として何をどう守らなければならないのかを

知って、排出事業者としてしっかり管理することが重要です。


そこでおススメなのが

「産業廃棄物適正管理能力検定」

 

受験者は年々増えてきており、2016年8月の第1回検定試験開催以来、
建設業、製造業の企業様を中心に、延べ1000名を超える廃棄物担当者が受験している検定試験です。

最近では小売・流通業や電気・ガス・水道業などより幅広い業種の方々も受験されています。



この機会にぜひ、産業廃棄物の理解度をより深めるためにも、

ぜひ!受験してみてはいかがでしょうか。

「産業廃棄物適正管理能力検定」については、こちらから