埼玉県熊谷市の自宅に放火し、両親と長男の3人を焼死させたとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた無職、斉藤綾被告(29)の判決が25日、さいたま地裁であり、傳田喜久裁判長は「生命の尊厳を全く顧みず、とうてい許されない」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 弁護側は、斉藤被告が当時心神耗弱状態にあったと主張したが、裁判長は「犯行の際の記憶が保持されている」などとして、被告に責任能力があったと認定した。 

「和解勧告受け入れ、協議開始を」―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)
10年度予算 今夕に成立…参院委可決(毎日新聞)
「中国の努力に感謝」ギョーザ事件で外相(読売新聞)
エクアドルが地デジ日本方式採用 南米で6カ国目 (産経新聞)