占いブログ 魂ゆら占い 2代目樹門幸宰

二代目樹門幸宰、こと外崎と申します。

樹門流姓名判断を主に日々東京・幡ヶ谷にて皆様の鑑定をしております。

ブログを通してより多くの皆様に樹門流占術のご理解の役に立てればと思います。



テーマ:

*******************************************************
能力も遺伝するという話
*******************************************************

もしもあなたが頭が良かったのなら...。
能力が高く、勉強や仕事もでき、高給取りなら...。
きっと日々の暮らしに余裕があって、
経済的に苦労を強いられることは少ないかもしれません。

そのような方は、自分はツイているというよりは、
幼少から努力して勉強を続けて、目標を定めたからこそ、
その結果で今があると思うかもしれません。

現象的には、それは間違いではありません。
今の結果は努力のたまもので、自分に向けて一級の賛辞を贈るべきでしょう。
尊敬に値するものです。

しかし、占術的に能力の高さは父母と祖父母に感謝すべき事柄です。
あなたの経済力や能力、すべてにおいての生き様は、
あなた一代が築いたものではありません。
積み重なった結果であなたの能力が開花したはずです。

なぜなら、あなたの能力はあなたの一代で完成したものではなく、
父方や母方の一族が積み上げて、それを子孫であるあなたが譲り受けたからです。

遺伝の内容の本質はマイナス(祖父母代と父母代)だったことを
あなたがプラスにしようとする大原則があります。
遺伝とは精神的な遺伝子のことで、一言でいえば先祖の記憶(負の感情)のことです。

例に挙げると、
祖父母が『人生に敗れた』など敗者の感情が脳に刻まれたのなら、
孫のあなたは人生の使命を祖父母とは逆に『勝者ならん』と、
人生の勝者を狙う運勢を歩みます。
その過程で祖父母が能力においても劣勢を強いられたのなら、
孫は人生に勝つために、能力面で優秀になって人生を戦う構図になります。



ここまでの話は能力の話です。
残念ながら能力は『家三代の興亡』の法則と完全にイコールにはなりません。
『家三代の興亡』とは、どの家も三代を周期に興亡を繰り返すことで、
初代は家を興隆させて、二代目を初代が興した名や財を維持し、
三代目はそれが無くなり、家が存続の危機を迎えるというものです。
何代目かは名前に隠されている(姓名判断)の運勢型で決まります。

まず、初代は能力が高いことが必須だと考えられます。
それゆえに初代は免疫力があって、創造性などの才能にあふれ、
運勢が味方をして財や名を残す訳です。

一方で、能力が高い二代目もいますし、三代目もいます。
その違いはズバリ運勢です。
具体的には能力があっても三代目であれば、
運勢が味方をしてくれないということがあります。
最高学府を卒業しても幸せになれない様にそれは似ています。

運勢型という運勢の種類によって、
「タテ型」や「斜め型」などのように分類をしております。
よく比例される織田信長は「タテ型」という運勢型です。
この「タテ型」は『家三代の興亡』でいうと二代目に相当します。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑は戦国時代の中で、
他の戦国大名よりもずば抜けた能力、頭の良さがあります。
ご存知の通り、最後に天下を制したのは徳川家康です。
しかしながら、秀吉や家康も天才の部類ですが、それを上回る能力が信長にはあったと私は思っております。
ですが、歴史の結果は能力ではなく、名前に隠された運勢に導かれた結果なのです。

『家三代の興亡』でみると、初代運に該当するのは徳川家康です。
二代目は織田信長で、三代目は豊臣秀吉になります。
運勢の強さは初代>二代目>三代目になるのです。

名を馳せるには能力の良さは必須ですが、
血を伝える、子孫性を伝えるのには名前という運勢の良さが必要となります。

初心に帰り、自分の存在自体を親に感謝しつつも、
まず自分の運勢を知ることがとても大切です。
その為の占い師による直接鑑定でもあります。
あなたの運勢は何代目なのでしょうか。

=========================================
本文の無断転載及び引用等お断りします。

※アメンバー申請される方へのお願い
http://ameblo.jp/e-tamayura/entry-11473807252.html
****************************************************

次回も魂ゆら占いブログをよろしくお願いします。
●無料姓名判断メニュー[姓名判断(無料)]
http://www.e-tamayura.com/

●占い師による直接鑑定は!
http://www.jumon.co.jp/

●魂ゆら占いメルマガ
http://archive.mag2.com/0000260574/index.html

****************************************************

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

二代目樹門幸宰です。
本日、8月10日の午前中の時点で、
Google・Yahooの検索エンジンで「姓名判断」を
検索すると当ホームページ・魂ゆら占いサイトの
検索順位が【2位】になっております。
11,800,000 件分の2位です!!

 


検索エンジンの検索結果は日々流動的な性質ですが、
2004年にホームページの開設以来、
姓名判断というビックワードでは最高順位です。

皆様のご利用あっての順位です。
ありがとうございます。
どうぞ、これからもご利用くださいませ。

魂ゆら占い http://www.e-tamayura.com/
運勢の相談室 http://www.jumon.co.jp/

以上 ご報告でした。

 

アメンバーぼしゅうちゅう

=========================================
本文の無断転載及び引用等お断りします。

※アメンバー申請される方へのお願い
http://ameblo.jp/e-tamayura/entry-11473807252.html
****************************************************

次回も魂ゆら占いブログをよろしくお願いします。
●無料姓名判断メニュー[姓名判断(無料)]
http://www.e-tamayura.com/

●占い師による直接鑑定は!
http://www.jumon.co.jp/

●魂ゆら占いメルマガ
http://archive.mag2.com/0000260574/index.html

****************************************************

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

*******************************************************
前回は「その他の占いとの違い」について。
今回は樹門流姓名判断と他の姓名判断との違いについてお話します。
*******************************************************

======================
一般的な姓名判断とは?
======================
創始者樹門幸宰は数ある占術のジャンルからは姓名判断を選んだわけですが、
既存の姓名判断を採用、活用はしませんでした。

おそらく皆さんが思いつく姓名判断とは、天格、人格、知格、外格、総格を観ていく、
いわゆる「数霊法(すうれいほう)」であろうと思います。
これは昭和初期にブームをもたらしたものが現代に至った姓名判断法です。
この姓名判断法は「この数はいくつだからこうなります」というように“A=B”方式で、実に単純明快です。

しかし、言い当てる幅があいまいで「なぜそうなるのか」という原因を特定することはできません。


=================================
樹門流占術の三つの特徴を述べます。
=================================
1.何をもって良しとするのか、悪しとするのか
2.明確な占術体系
3.運勢は原因があっての結果である
※具体的な説明は前回記事をご覧ください。

樹門流姓名判断は数霊法のように、この数だから「良い・悪い」や「吉・凶」というのではなく、
数字の同格と間隔による全体のバランスから『運勢』を読み解くというのが大きな特徴です。

======================
運勢には必ず原因がある
======================
『運勢』には種類があり、それを“運勢型”と呼びます。
大きく分類すると祖父母からの隔世遺伝によるものが12個=運勢型、
両親からの直接遺伝によるものが37個=運勢型です。
その隔世遺伝と直接遺伝の組み合わせは、ざっと1万通り以上の『運勢』パターンが存在することになります。

他の姓名判断と更に大きな違いは、占いの結果に対する“原因”がはっきりと特定できることと、
本人を中心とする上の三代(祖父母、両親、本人)と下の三代(本人、子供、孫)のことまでわかるということです。

なぜなら、運勢は遺伝によってできているわけですから、
姓名から家系の流れと家系での位置とを読み解けばおのずと読めることなのです。

今までの占いほど簡単ではありませんが、
裏を返せばそれだけ人の運勢をはかることは奥深いものだということの証明です。

====================
今までの姓名判断では
====================
これまでの占い(姓名判断含む)は「あなたはこうなる」と現象の結果を伝えます。
しかし「何故そうなるか」と問いただしても「統計上そうなる、数に霊が宿っている」といった答えが返ってくるだけではないでしょうか?
これでは納得がいかないまま帰宅し、さらには思い悩みをただただ眠れないばかりではないでしょう。

本来であれば、占いとは人物の描写が浮きぼりに描かれていなければならないはずですが、
これまでの占いはそれどころか原因と結果(因果応報)における法則性も度外視しているため、
「運勢の答え」に大きな疑問が残ります。
「理論こそがすべて」とは申しませんが既存の占いに一貫性や整合性が欠けていることは否めません。

さらには「今さえよければ」や「お金をもてば幸せ」という占いの風潮もあり、
明確な運勢の良い悪いの基準すら持たないことも懸念されます。
既存の占いではあなたの悩みは解決できずにさらに大きくなるばかりではないでしょうか。

運勢の相談室 姓名コンサルタント 樹門幸宰
http://www.jumon.co.jp/
 

 

=========================================
本文の無断転載及び引用等お断りします。

※アメンバー申請される方へのお願い
http://ameblo.jp/e-tamayura/entry-11473807252.html
****************************************************

次回も魂ゆら占いブログをよろしくお願いします。
●無料姓名判断メニュー[姓名判断(無料)]
http://www.e-tamayura.com/

●占い師による直接鑑定は!
http://www.jumon.co.jp/

●魂ゆら占いメルマガ
http://archive.mag2.com/0000260574/index.html

****************************************************

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

==========
占いの種類
==========
占いにはたくさんの種類があります。 
姓名判断、四柱推命、算命学、気学、占星術、風水、血液型、タロット等々。

様々な占術の動力(おおもと)を考えた時、姓名判断の動力は名前になります。
名前は人が名付けで決めるものなので極めて単純です。
一方、その他の占術を見てみましょう。
干支は中国にある陰陽五行の思想、星は現代でいうところの天文学がはじまりです。
要するに星の動きをみたり、塊(星座)で見たり、
姓名判断以外のスケール感はひょっとして宇宙規模かもしれませんね。

===================================
始祖樹門幸宰が姓名判断を選んだ経緯
===================================
創始者樹門幸宰は、なぜ数ある占術から姓名判断を選らんだのでしょうか。
直感は多分にあったようですが、
明確な経緯の一つに、過去から現代までみんなが名前を持っていることと述べています。
つまり、膨大なデータ量が蓄積されているので、
仮説、確認、実証、改善の流れを最もくみやすい占術と考えた節があります。
(現在も日々進化しています。)

しかし、姓名判断を採択したものの、既存の姓名判断の答えには満足できませんでした。
その後、既存の姓名判断の計算式、考え方が全く異なる新しい姓名判断法=樹門流占術を約20数年かけて確立されます。

=========================
そもそも占いにあるべき姿
=========================
「皆さんがどの占いを選ぶか?」という問いをお持ちであれば、
先に述べた占術の背景や歴史などよりも、実は当たる占いこそがすべてのはずです。
“真理”と感じ、ご自身に合った占いを選んで欲しいと思います。

樹門流占術は、占いの本質は次のようにあるべきだと考えています。
『人物像が浮き彫りになって、その人が家族の中で、どの位置にいて、
運勢が全うできるかどうかがわかること、そして一生を通して幸せなのかどうか』
しかし、既存の占いは人物像さえ浮き彫りにならず、何を基準として、何を言いたいさえよくわかりません。
これが率直な意見です。



余談となりますが、
実際に私が名前を解くと、顔はわからずも、
その人の像が明確に浮かび上がってきます。

例えば、
Aさん:斜め型一差、影型、総行型
Bさん:斜め型二差、影型

AさんとBさんでは全く浮かび上がる像が違います。
抜け目無さやしっかり度はAさんの方がしっかりされていて、
逆にBさんは曖昧さが目立ちます。
また、それはそれぞれ構成されている数によっても、
レベルの差が広がったり、縮まったりします。
学問としてみれば、面白い世界です。

=================================
樹門流占術の三つの特徴を述べます。
=================================
1.何をもって良しとするのか、悪しとするのか 
「健康第一に、ご飯が食えて、愛情(家族愛)が継続する」
これらが叶う運勢を幸せな名前と解きます。
この考えを基準に健康・経済・愛情の三つがバランスよく継続する名前を『継続代』、
反対に継続しない名前を『絶家代』と呼びます。

2.明確な占術体系 
名前のバランスによって運勢を種類化しています。
例えば、戦国武将の織田信長は「タテ型」という運勢型に分類されます。
このタテ型は科学合理で負けず嫌い、勝者を狙います。
絶対主義者ですべての言動は勝者になるがためです。
人生の指針はそうできていますが、運勢傾向は50歳以降下降します。
これらの性格や運勢は遺伝で伝わります。
その遺伝の正体は祖父母からくる隔世遺伝と父母からくる直接遺伝があります。
それらが組み合わさって個性(=運勢)を形成します。

3.運勢は原因があっての結果である 
家は三代にして興亡を繰り返す法則性があります。
織田信長=タテ型は家三代の興亡の二代目に相当し、必然と子の代は三代目になり、
家が存続かどうかの瀬戸際になります。信長の運勢の原因となったのは母方、
父方がともに分家の流れで、父方の祖父と母方の祖母が弟や妹の立場で分家であるがゆえに、
兄や姉の本家から劣勢(敗者)を強いられたことを意味します。
つまり、その祖父母から隔世遺伝した信長は反対に優勢勝者)を狙う人生を使命とします。
肉体的な遺伝子である顔や骨格は同質を伝えますが、精神的遺伝子(運勢)は補完してプラスへと生き残りをかけます。

他の占いとは求める本質から異なっているのではないでしょうか。
http://www.jumon.co.jp/

 

=========================================
本文の無断転載及び引用等お断りします。

※アメンバー申請される方へのお願い
http://ameblo.jp/e-tamayura/entry-11473807252.html
****************************************************

次回も魂ゆら占いブログをよろしくお願いします。
●無料姓名判断メニュー[姓名判断(無料)]
http://www.e-tamayura.com/

●占い師による直接鑑定は!
http://www.jumon.co.jp/

●魂ゆら占いメルマガ
http://archive.mag2.com/0000260574/index.html

****************************************************

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

*******************************************************
一般的な占い、特に姓名判断には良いとされる運勢に、
『大吉』などの表現がありますが、
実際にその概念はありえるのでしょうか。
*******************************************************

一般的な占い、特に姓名判断には良いとされる運勢に、
『大吉』などの表現がありますが、実際にその概念はありえるのでしょうか。

プライベートで、占いをあまり知らない方から会話の流れで、
「私の名前は大吉ですか?」と質問されたことがあります。

最初に『大吉』の定義の確認ですが、
それがほぼ一生涯恵まれた人生を例えているのであれば、
『大吉』の運勢は存在しないと断言ができます。
その定義であれば、冒頭の質問はとても答えづらいものです。

ずっと恵まれた人生が最後まで続くはずがありません。
楽しい時があるでしょうが、
悲しいこと、不幸なこともあるのが人生です。
反対に悲しいことばかりだけが続くはずもなく、
人生のセットに幸と不幸が必ず用意されているはずです。
その配分比率は各々の運勢によって異なります。



今度はその恵まれた人生の“質”を考えてみます。
皆さんは一生涯、経済的に恵まれた人生を送ることは幸せに思えますか。
ほとんどの方が経済的に困らないのは幸せそうに思えるはずです。
ここで、一つ加えます。
「一生涯、経済的に恵まれたが愛情に恵まれなかった。」
このマイナス的な愛情面が加わると幸せそうに見えるかどうかは判断が難しくなりますね。

状況を反対にしてみましょう。
「一生涯、経済的に恵まれなかったが、愛情には恵まれた。」
この状態になると、「絶対、後者の方がいい」とか、「それでも前者がいい」などと
幸せに見えるかどうかは人によって意見が分かれるかもしれません。
また、これは年代によっても差が出そうですね。
勿論、経済も愛情も恵まれた人生なら最高というのはいうまでもありません。

恵まれた人生の“質”、すなわちの幸せの基準とは、
健康というベースがあって、生活ができる経済性、家族に支え支えられる愛情。
これらのバランスの良さと継続性が幸せな運勢と考えています。

樹門流占術が良しとする運勢型(運勢の種類)がありますが、
それをもってしても、冒頭の『大吉』の概念のように
全てがずーっと恵まれた人生は難しいでしょう。
紆余曲折があるのが人生ですから、
いかにその運勢にある大波を小波にできるかが最良の運勢型だと考えています。


俯瞰しますと、健康なカラダをもってして働くことができます。
そして健康をベースにして愛する人と出会い、結婚をして子供ができたりします。

経済は思うようには行かなかったけど、家族には恵まれたと思う人。
経済も愛情も思うようには行かなかった人。
経済も愛情も幸せだと感じる人。
身体が弱いため、仕事も難しい人。
仕事が面白すぎて、結局、家族を創る余裕すらなかった人。
社会の構図は様々かと思います。

健康・経済・愛情の三つすべてが平均寿命の80歳を超えるまで、
バランスよく維持できる人はいったいどのくらいいるのでしょう。

健康面の幸福さが岐路に立つ年齢は50歳です。
50歳を境に健康が維持できる人と損なう人が出てくるという意味です。
同様に経済も愛情も第一関門になる年齢は同じく50歳になります。

人生80年であれば、50歳(厳密には54歳)から人生の後半が始まります。
したがって現在50代以降の方はご自身の半生を振り返って、
健康面、経済面、愛情面において恵まれていたかどうか、
そして大切なのは、今後をどう維持していけるのかを考えるべきだと思います。
30代、40代の方は50代に向けて健康を維持できるよう、
仕事面では研鑽し続けて、家族に愛されるように日々生きていきましょう。
 

=========================================
本文の無断転載及び引用等お断りします。

※アメンバー申請される方へのお願い
http://ameblo.jp/e-tamayura/entry-11473807252.html
****************************************************

次回も魂ゆら占いブログをよろしくお願いします。
●無料姓名判断メニュー[姓名判断(無料)]
http://www.e-tamayura.com/

●占い師による直接鑑定は!
http://www.jumon.co.jp/

●魂ゆら占いメルマガ
http://archive.mag2.com/0000260574/index.html

****************************************************

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。