地球と人類の融合、地球と人類の未来6

PART7 地球と人類の融合

一つの星がより高い意識を持つということは大変難しいことです。この地球もそこに生きる生命たちの意識の成長と進化を受けて自らを成長させていくのです。
今回その意識の進化の中核を担うのが、皆さん人類なのです。人類は、この地球に「愛と豊かさ」の意識をもたらすために、まず自らが「愛と豊かさ」の意識に目覚めるようにプログラムされました。

そのために人類は、他の生命たちにない「感情」というものを身につけたのです。人類は人を愛するとき、そして愛される時、喜びを感じます。また自分が豊かになった時も喜びを感じます。喜びは人類にとって自分の行いが正しいことを認識させるための判断基準なのです。この喜びをもたす行為や生き方をしていくことによって人類たちはさらに高度な「愛と豊かさ」を身につけ、やがてその「愛と豊かさ」は、人類だけでなく他の動物や植物、そして多くの生命たちと分かち合われます。
多くの生命たちに「この愛と豊かさ」の意識が浸透することによって、地球自らが意図した「お互いが慈しみ合う星」へと成長するプロセスをたどることになっていたのです。

しかしながら、そのプロセスに一つの過ちが生じ始めました。それが人類のエゴによる地球と他の生命に対する破壊的な行動だったのです。
人類が幼いうちはその影響はさほど大きなものではありませんでした。しかしながら人類がある特定の星からの影響を受け、その技術と自意識を過大に成長させる事となったために、人類の地球環境に対する影響は計り知れなく大きなものになってしまいました。

もちろん人類に対する特定の星からの影響は、この地球の意識がより早く成長したいという目的のために行われたものでした。しかしそのために地球は、とても大きなリスクを背負うことになってしまったのです。
地球は今、自分の行くべき道を、地球の生命達ともに探しているところです。

宇宙意識は、地球が当初の目的に沿って成長することができるように、地球の人類たちに関与を始めました。それは人類達が、これ以上、地球や地球に生きる多くの生命たちに対して破壊的にならないように注意をあたえ、自らの本質である「愛と豊かさの意識」に目覚めさせるためです。

「愛と豊かさの意識」に目覚めてくる人達が増えてくれば、地球に対して破壊的な活動を行っている人達の意識も変わってきますし、破壊的な活動も少しずつ少なくなってきます。

また他の動物たちを愛する人達が増えてくれば、人類は、無意味に他の動物たちを殺すことも、またその動物たちの生存しているテリトリーを冒すことも少なくなってきます。
そして野に咲く植物や樹木達を大切に思う人達が増えてくれば、やがてこの地球は、昔ながらの豊かな自然に覆われた美しい星に戻っていくことでしょう。

この地球が、本来あるべき姿を取り戻し、「豊かで慈しみにあふれる星」に成長するためには、皆さんの意識が成長し、この地球の意識と共鳴し合うことが必要です。皆さんが自分の目に見える個体の意識にとらわれてしまえば、「自分だけが良ければ良い」という感情に支配されてしまいます。もし地球の人類達の多くがそのような思いにとらわれてしまえば、この地球と人類、そして地球に住む多くの生命たちの未来は悲観的なものになってしまいます。

しかしながら人類は、今大きく変わろうとしています。自らのエゴの殻を脱ぎ去り、新しい意識をもった人類に生まれ変わろうとしています。やがて皆さんは、自分と他の生命の境界線が少しずつなくなっていくことに気付き始めるでしょう。皆さんの意識は、まず人類の中で溶け去り、一つになっていくことでしょう。そしてこの地球や地球に生きる多くの生命たちと共鳴し合い、その豊かさを分かち合うことが可能となってくることと思います。その時こそ、地球の意識と人類の意識が融合し合い、地球と人類が新たな一歩を踏み出すときなのです。