地球という星の成長、地球と人類の未来5

PART6 地球という星の成長

この地球があえて人類にその暴挙を許してまで、自分の成長を図るためには、地球にとっても大きな理由があるのです。それは地球にとって、自らがこの宇宙の惑星の一員として、自らを成長させなければならないからです。

地球はこの宇宙にとっては数少ない豊かな星です。そこに宿る生命が織りなす見事なまでの多様性と調和は、他の星では見られないものです。そして、自然環境の美しさと四季折々の季節の推移は、他の星にない数々の生命のドラマを生み出しました。

地球はこれらのドラマをこれからも維持し、より高度な調和のもとに高めていかなければなりません。
そして、地球がこれまで幼い星であった頃から、この地球を指導してきたより高度な意識を持つ惑星たちの仲間入りをしなければならないのです。

現在この宇宙には、とても高度な精神性を持つ星達とその星に共生する意識が存在しています。しかしながらそのような星達は、いまやその生命力が衰え、物理次元での活発な繁栄と成長が行われなくなってきました。

星星にも、皆さん人間と同じように、誕生があれば死もあります。生まれたての惑星は、地殻変動も激しく、自然環境も厳しく、そこに生命が存在する可能性は極めて低いものです。しかしながら星は、長い時間をかけて自然環境を整え、生命達が住むことができる星に変わっていくのです。

現在の地球がそうであるように、地殻の変動が収まり、自然環境がある一定の水準に整ってくると、そこに新しい生命が次々と生まれ生命のドラマがはじまります。
そしてある程度の生命達がその惑星に満ちてきたら、多様な自然と生命が織りなす共存のドラマが始まります。

多くの生命達が生まれ、そして死んでいき、生命たちの進化と淘汰が行われていくのです。その生命達が生存し進化するためのパワーは、その星にとって、大切なエネルギーとなります。星はそこに生きる生命達の成長と進化の過程で生み出されるパワーやインテリジェンスによって、自らを成長させるのです。そしてそれらのパワーはさらに高度な意識をもった生命達を生み出すために使用されます。

やがて生命達の中で、皆さんと同じような知性を持った生命が生まれてきます。それは星の成長にしてみれば、非常に大切な転換点なのです。というのも、知性を持った生命が生まれ、そこに文明が築き始められると、その星は、物理的な成長よりも、星としての精神的な成長のほうに中心が移っていくからです。

その星は、物理的な世界の上に、スピリチュアルな世界の層を形成し、新たな発展段階に入っていくのです。
星は自らがどのような星に成長していきたいかを意図し、そのための成長過程を選びます。地球は、海と大地を持った自然に、多くの生命たちが調和をしながら生存し、お互いがともに慈しみ合う環境をもつ星を意図しました。そのために、自然を整え、慈しみの意識を持てる生命たちを生み出していったのです。

この星のスピリチュアルな層が生まれると、その星は、やがて宇宙の高度な意識を持つ星達と、その意識をお互いに通わせることができるようになります。宇宙の中で、地球よりも高度な意識を持つ星達は、この地球が自らの意思にそって成長できるように多くのサポートを行います。

そのサポートは、多くの星達の共通の意識から生まれてくるサポートです。私たちはこれを「宇宙意識」と呼んでいます。宇宙意識はいくつかの星達の共同の意識です。それは特定の星のみが自らの価値観でサポートを行えば、その星が持つ価値観や意識が、相手の星の意識に深く影響を与えてしまうことを防ぐためです。

宇宙の意識はできる限り、その星の自立性とその星独自の体験に基づく成長を見守ります。しかしながらその星の成長にとって不可欠な要素である生命を、その星に生み出す時や、またその星が間違った道に進もうとする時には、慎重にサポートを行います。

特に皆さんのように、とても高度な知恵と技術を身につけ、その星の環境や成長に重大な影響をもつ生命が生まれた時には、宇宙の意識達はその星と協力しながらその生命を育てます。
今回もこの地球が意図した目的に沿って、人類と多くの動物や植物などの生命がこの地球に配置され育てられてきたのです。