9月です

まだまだ暑いですが9月になりましたね。

秋といえばいろいろ秋がありますが、今回は読書の秋て事で。

9月12日に「図書館の殺人」の文庫版が出ます。

実はこの前ブックオフで買おうとしたのですが、もうすぐ文庫版がでるのでやめました。

前から探してたんですけどね。

大体文庫版になる周期は2~3年くらいらしいです。

この「図書館の殺人」は青崎有吾先生の裏染天馬シリーズ第4弾になります。

オタクの天才少年が推理、解決するミステリーです。

高校生活を舞台に平成のエラリークインといわれる青崎先生のロジックをよかったら皆さん読んでみてくださいね。

ついでにこの前読んだ本もご紹介。グインサーガの「永訣の波濤」も読了しました。

栗本薫先生亡き後も壮大なヒロイックファンタジーは続いていきますね。

初めてよんだのが小学生低学年の時かな。143巻まで続いているとはすごいですね。

ホントは100巻で終わる予定だったらしいですけどね。

最終巻「豹頭王の花嫁」が出るのはいつ頃でしょうね。