頭部調律点 | 野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

船橋全生整体院 平橋数樹のブログ 整体法、健康、日常について書いています。

2019年7月6日(土)整体法基本講座(輸気法講座)2日目

 

■梅雨時の身体への影響

人間は屋内の生活が中心だが気候、季節の影響を受けて生活している。

 

この時期は、気温が上昇したかと思うと急に涼しくなったりと気温差が激しい。このような時に首、背中、腰が急に痛くなるということが非常に多い。

 

これは気温上昇時、運動時などに汗をかき、それを急激に冷やした現象として起きることが多い。これが原因で朝方にふくらはぎがつる現象も多い。

 

各関節の古傷などが痛みだすことも多い。これは湿度や気圧等が関係していると考えられる。

 

また、気温が上昇し汗が出るが湿度が高いために身体が湿気で覆われているので汗が出にくい。そすると「だるい、眠い」が続き呼吸器系にも影響し息苦しくなる。喘息の発作などもこの時期に出る人が多い。気温が上昇するので冷房も入りだすので汗をかいたまま体を冷やすと上記のように筋肉の急激な硬直につながると同時に出ようとした汗が引っ込んでしまう。

 

その引っ込んだ汗が体に影響を与える。のどが痛くなり、発熱したりもする。汗が引っ込み「だるい、眠い」がでたら夕方など晴れ間をみて大股でウォーキングをして汗を出してあげるとすっきりする。この汗の引っ込み現象は秋口まで注意が必要である。

 

 

■前回の復習(輸気)

人間は自分や家族の病気や怪我を治す本能をもっている。どこかが痛いと思わず手を当ててる。このような本能的な医術が輸気の原点である。本能的に備わっている力なので誰でも行うことができる。

 

■輸気の目的

輸気を行えば病気や痛みなどが治るがそれが目的ではない。輸気の目的は身体を整体という状態に導くことである。整体とは身体に異変が全くないという状態ではない。身体の異変を小さな状態で感じ取り、それを自然に経過させてしまえる状態をいう。その状態に導くことが輸気の目的である。

 

■気とは?

なぜ手を当てると楽になるのか?それには「気」が関係している。「気」とは見ることも触ることもできないが感じることができる。そしてこの「気」は心も体も動かす元である。「気」が動けば否応なしに心も体も変化する。そのような元になっているいるものに働きかけて健康をたもとうというのが輸気である。

 

■輸気法(ゆきほう)

輸気は本能的の行うものなので知識は必要ない。痛い場所、気になる場所にじっと手を置き手で呼吸する感じを作る。何か変化があったら手を放す。それだけである。

本日から本能的な輸気を積極的に方法として使ったいこうという輸気法をお伝えしていく。

我々の先輩達が探り当てて行った急処というのが体中に点在している。整体法ではこの点のことを調律点という。(整圧点ともいう)調律点とは身体のどこかなの異常を示す反応点であると同時に身体の異常を調える治療点である。中国の経絡(ツボ)と一致する場所もあるが整体法独特の急処である。この調律点への輸気の仕方を勉強する。

 

■頭部

頭部は8つ骨で構成されている。他の身体の骨と骨をつなぐ場所には関節が存在し動くようになっているが、頭部の骨には関節がなくギザギザの骨と骨とが合わさり(縫合)つながっている。生まれたての赤ちゃんはこの縫合が閉じていなく生後2年ぐらいで閉鎖する。

頭部の調律点はこの縫合上近辺にあるものが多い。

■頭部の調律点

第一調律点

おでこの髪の毛の映え際の中央近辺にあり、色々な過敏反応を調整する場所である。過敏反応の最たるものがアレルギーである

 

第二調律点

目のラインと耳のラインを結んだ接点近辺の左右1点ずつあり、感情の動きと関連がある。感情の起伏が激しい人はここが弛み、精神的な影響が長く続く人は鈍り固くなる。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com