インフルエンザ | 野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

船橋全生整体院 平橋数樹のブログ 整体法、健康、日常について書いています。


テーマ:

 今年の1月に三男(小6)がインフルエンザにかかりました。学校で流行していたので病院に行って検査してもらったらビンゴ。A型との診断。

 

 早速、他の患者さんと接しないように専用の部屋に移動。そこで医師の診断、処方、会計をするとのことでした。

 

 その時の僕と医師との会話です。

 

医師 「インフルエンザですね。お子さんは未成年なのでタミフルじゃなくてリレンザをだしておきますね。」

 

 「先生、薬いりますか?数年前新型のインフルエンザが流行した時にこの子を診てもらった時、僕が薬はいらないと言ったら、そうですねインフルエンザは体が治してくれる病気ですからと言ってましたよね」 

 

医師 「いや、私はそんなこと言ってないです。ここに10年以上いますけどそんなこと言ったことないです。」

 

 「え~そ~ですか? 確か先生だと思ったけどな~。その時いい先生だなぁ~なんて思ったんだけど。」

 

医師 「とりあえずお薬出しときますね。」

 

 「いらないです。」

 

医師 「どうしてですか?」

 

 「いや、飲まなくても治りますので。」

 

医師 「その考えは一般的ではないですよ。」

 

 「そうですか?でもなるべくだったら体を働かして免疫をつけたいんでいいです。」

 

医師 「わかりました。それでは何か異変がありましたら来てください。」

 

 「はい。わかりました。ありがとうございます。」

 

 

その後2日で経過しました。一般的に考えて発熱してから5日学校を休ませました。

 

 

 僕にしてみればインフルエンザが流行っていて発熱したので一応病院で検査を受けインフルエンザだったので学校を休ませた行動は僕的にはかなり一般に合わせた行動なのですが、もちろん薬を全否定するものではありません。持病を持っている人や高齢で免疫力や治癒力が下がっている人は薬も必要なケースがあります。特にインフルエンザは呼吸器系の疾患をお持ちの方は要注意です。しかし普通の状態ならばワクチンで免疫をつけるより感染して免疫をつける方がのちのちかかりにくくなるはずです。

 

皆さんはインフルエンザに感染したらどうしますか?

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com