傾向性の調整 | 野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

船橋全生整体院 平橋数樹のブログ 整体法、健康、日常について書いています。


テーマ:

平成30年11月2日(土)整体操法講座6日目まとめ

脊椎の調べにて脊椎一側、二側、三側の硬直を確認しその人の傾向性を調べた。

 

■一側に疲労が蓄積しやすい人は、頭の活動が忙しいタイプで常に頭の中で運動会を行っている。あれやこれやと次々に頭が働き人を巻き込んであくせくしている。たいがいの場合取り越し苦労で草臥れてしまう。そのような人は一側の硬直が激しく最初に頭部第二調律点、アキレス腱、後頭部の調整を行うと一側の硬直が弛む。残った所の一側操法を行う。

また、一側は性エネルギーとも関係し性の停滞があると硬直を起こす。その場合は仙椎2、腸骨のゆすぶりを行ってから一側操法を行う。

 

■二側に疲労が蓄積しやすい人は、活動的で体を積極的に使う傾向があり腕、足に疲労がたまりやすい。疲労部位の腕、足の調整行い二側操法を行う。

 

■三側に疲労が蓄積しやすい人は消化器系を酷使している人や感情の鬱帯がある人多い。この場合は腹部4,5を中心に腹部を輸気してから三側操法を行う。

これらの傾向性の調整を行うことにより疲労の調整また、異常部位の回復抑制にも役立つ。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船橋の整体 船橋全生整体院 平橋数樹 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス