おかげ様で開院15年を迎えることができました。 | 野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

船橋全生整体院 平橋数樹のブログ 整体法、健康、日常について書いています。


テーマ:

おかげ様で開院15年を迎えることができました。ご来院いただいている皆様、応援してくださっている方々また、いつもブログやホームページを見ていただいているかたがたに心より御礼申し上げます。

 

昨日は学生時代からの友人たちにお祝いのお花が届きまた、飲み会まで開いていただき大変恐縮しております。

 

彼らとは腐れ縁で毎年忘年会を開いていてお互い屈託なく言いたいことを言い合ってチャオみたいな間柄で毎年楽しみの会の一つです。

 

それが今年は僕の開院15年ということで異例の3月に集まってくれました。昨日も何を話したか思い出せないくらい楽しく、脳にはいろいろな影響があるのですが今朝になると何も引きずらずまさにチャオ状態です。(ごめんなさいこれは僕の個人的な表現でイタリア語のさよならの挨拶なのですが、僕なりに日本語にするといいたいことを言い合ってこれで終わり。みたいな感じです。)

 

振り返れば15年前希望と不安がごちゃ混ぜの状態で始まり、いまだに希望と不安を抱えながら走り続けている状態です。真っ暗なトンネルを走っている時もあれば雲一つない真っ青な青空の下を走っている時もあれば、嵐の中を走る時もあれば、徐行運転で走っている時期もあるというなんとも一見不安定な道のりなのですが、振り返ればなんとも楽しい人生を歩んでいるなと感じ感謝の気持ちでいっぱいです。

 

整体操法においては、最初のころはいかに技術を駆使して治そうと気張っていましたが、ここ数年とてもシンプルになってきたと感じています。なるべく技術を使わないで体の変動を経過させることをこころがけています。

 

そこには自分の体、相手の体の力を信じる と 腹を決めることが少しはできてきたかなと感じています。

 

自分の体もこの15年の間に様々な変動があり、突然右手の肘が曲がらなくなったり、胸の筋肉が断裂したり、肋骨が折れたり(整形外科に行ってないのでレントゲンはとってないにで自己診断ですが。)その都度、痛みが激しい時は若干の不安を持ちながらも下っ腹に息をため心の中で「大丈夫」と言い聞かせ輸気をして治癒させてきました。

 

3日前も足のトレーニングを行ったのが原因なのですが、トレーニング中は何も異常がないのに翌日朝、急に右の足をつくと足首に激痛があり歩きだすのに一苦労の状態、息を大きく吸い丹田にため「大丈夫」と静かに思い行動する。一日後には痛いが他の部位ならトレーニングできるだろうとトレーニングをすると痛みをわすれいつものメニューができたのでこれでもう大丈夫を確信。

 

昨年は右手の薬指がばね指になりそれが治ったと思ったら、今年から左手中指がなっていますがこれも時期に経過することがわかっているのでじっくり輸気をしながら呼吸を整えています。

 

自分でいうのもなんですが輸気というものは大したものでこれは僕にとっての財産です。整体法に出会ってなければきっと自分で治療院をやっていなかったと思います。整体法に出会っていなければ上記のような腹のくくりかたはできてないと思います。

 

そこで今年は原点回帰ではないのですが、輸気というものを少しでも皆様に知っていただきご自分の体の力を自覚していいただこうと輸気法1日講座を何回が開催する予定ですので是非ご参加ください。

 

今後も皆様方の健康のお役に立てますよう、日々全力を発揮して努力をしてまいりますので今後共末永くご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

 

船橋の整体 船橋全生整体院 平橋数樹 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス