脊椎調整 | 野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

船橋全生整体院 平橋数樹のブログ 整体法、健康、日常について書いています。


テーマ:

平成30年2月10日(土)整体法基本講座(輸気法講座)まとめ

 

■脊椎一側の復習

 

■脊椎二側

脊椎二側は脊椎から指二本分の領域のことであり、基準となるのが胸椎8でその人の手指2本分くらいの位置である。

 

脊椎二側は運動器の異常(体を動かして痛い、体が動かない等)と関連する。また手足の異常時には二側に硬直をおこしやすい。

 

脊椎二側は椎骨の関節突起上に位置しその側面には椎間孔があり脊髄神経が出てくる場所でもあるので骨の曲がりと密接に関係する。また知覚(痛み、しびれ、麻痺)とも関連する場所であり、それらの異常の調整を行う場所である。

 

■脊椎二側操法の注意点

脊椎二側操法を行う上で重要なのは押す角度とタイミングである。

押す角度は伏位時、床に対して直角に押すのではなく脊椎に対して直角を作るように押す。脊椎には生理的な湾曲がありひとそれぞれ湾曲度合いも違うのでその体にあった角度を探る必要がある。

 

押すタイミングは相手の吐く息に乗って押していき相手が息を吸っている時、止めている時は動かない。2,3呼吸かけて奥まで押しそこでピタッと静止し動かず2.3呼吸保ち相手の吸う息にそって離す。

 

特に激しい痛みをもっている人にタイミングを誤ると痛みが増すなど失敗する。無造作にグイグイと押すのは避けるべきである。

 

もしも押して行って場所がずれていたとしてもすぐにパッと離すのではなく、タイミングをはかって離すことをしなければならない。

 

■実技

脊椎二側の確認

胸椎部、腰椎部の二側操法

肋間神経痛の二側操法

坐骨神経痛時の二側操法

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船橋の整体 船橋全生整体院 平橋数樹 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス