こんにちは!

まんまるeねっとの小林です。

 

「ネットショップを始めたい!」と思ったときに、真っ先に考えなければならないこと。それは、「モール型EC」に出店するか、「自社EC」を立ち上げるかです。

 

 

「モール型の方が始めやすい?」

 

「デメリットってあるの、、?」

 

 

今回は、モール型ECについて特徴をご説明していきます。

 

 

モール型ECとは?

 

モール型ECとは、複数のショップが集まって1つの大きなショップを形成しているECサイトのことを指します。インターネット上のショッピングモールと考えればわかりやすいかもしれません。

 

モール型ECの種類

 

Amazon

アマゾンジャパン株式会社が運営するマーケットプレイス型のECモールです。商品単位で出品することが可能なため、気軽に始めることができます。

        

楽天

楽天株式会社が運営するテナント型のECモールです。日本におけるモール型ECとしては草分け的存在で、 Amazonに次ぐ月間利用者数を誇っています。手厚いサポート体制が整っている反面、出店料が発生することから、ある程度実績を積んだ出店者に好まれる傾向にあります。

Yahoo!ショッピング 
ヤフー株式会社が運営するテナント型のECモールです。2013年に出店料と月額利用料を無料化したため圧倒的な出店店舗数を誇っており、コストを抑えたい企業から絶大な支持を得ています。

 

 

 

モール型ECのメリット

 

①集客力がある

モール型ECの最大のメリットは、モール自体に集客力があることです。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのモール型ECには月間利用者が数千万人単位で存在します。すでに人が集まっている場所で商売を始められるので、自社でECサイトを立ち上げる場合に比べて集客にかかる負担ははるかに軽減されます。 

 

 

②初心者でも簡単に始められる

モール型ECでは既存のプラットフォームを活用できるため、独自ドメインを取得したりECサイトのデザインを考えたりする手間が省けます。また、基本的なアクセス解析機能が付いている場合もあり、専門的な知識がなくてもECサイトを分析しながら売上を伸ばすことができます。

 

 

③信頼性が高い

モール型ECでは、ショップ自体の知名度が低くても「Amazon」や「楽天」、「Yahoo!」といったブランド力がお客様を安心させて購入しやすい環境をつくります。

 

 

モール型ECのデメリット

 

 

①手数料が高い

一般的に、モールの規模が大きくなればなるほど、費用が高額になる傾向にあります。テナント料を始めとして、運営コスト、広告料、売上に応じたロイヤルティなど、さまざまな費用が発生します。

 

 

②商品の価格競争が起きやすい

同業他社が類似商品を取り扱うモール型ECでは、値下げ合戦が起きやすくなります。ライバルが多ければ多いほど価格競争が激化しやすく、利益率が低下するので要注意です。

 

 

③顧客情報が取れにくい

モール型ECでは顧客情報はモール側の所有物となり、各ショップが顧客リストにアクセスすることは基本的にはできません。顧客情報をもとにマーケティングを行いたい場合には、モール型ECはあまり向いていないでしょう。

 

 

 

ECは、商材・ビジネスモデルによって決めよう

今回は、モール型ECの種類とメリット・デメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

モール型ECは、手軽で安心という印象がありますが、デメリットも挙げてみると商材やビジネスモデルによって検討した方がいいと言えますね。

 

貴重な時間を割き、お読み下さいましてありがとうございました。