本日eさぽのブログを更新します

まんまるeねっとの福山です。

 

私は主にWebサイト関連の

デザイン業務に携わっているのですが
最近、自社運営サイト用の
「Facebook広告」 や 「ディスプレイ広告」 の
バナーを作成する機会が増えてきました。

そこで、改めて「Facebook広告」について調べていたところ
“ Facebook広告ライブラリ ” という
便利なツールの存在を知りました。

 

既にご存知の方も多いと思いますが
この機会に調べてみました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
“Facebook広告ライブラリ”とは?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


Instagramを含む、Facebookが提供するアプリや
サービス全体の広告を一覧できる
Facebook公式のツールになります。

広告の透明性を高めるため
Facebook社が2019年3月に公開しました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
その特徴とは?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ダイヤオレンジ現在配信されている広告を
 検索・閲覧することができます。

ダイヤオレンジFacebookアカウントを持っていなくても
 誰でも利用することができます。


私も早速 “ Facebook広告ライブラリ ” を

使用してみました。

 

 

広告ライブラリ

 

1) “ Facebook広告ライブラリ ” を開く
2) 広告カテゴリのすべての広告を選択
3) キーワードまたは広告主を入力して検索


とても簡単に検索キーワードに一致する広告や
該当の広告主が表示されました。

現在配信されている広告がある場合は
広告の掲載開始日をはじめ
クリエイティブの内容

出稿先のプラットフォーム、リンク先など

様々な情報を閲覧することが出来ます。

アクティブな広告を閲覧することができますので
競合他社のリサーチはもちろん
私の場合はバナーのデザインや
リンク先のLPデザインを閲覧したり

今後のデザイン引き出しのツール
として活用できそうです。


これから「Facebook広告」をはじめる方
ぜひ “ Facebook広告ライブラリ ” で
興味のあるページをチェックしてみてください。