北朝鮮の特許出願状況|アジア特許情報研究会 | e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

株式会社イーパテント|e-Patentは"知財情報を組織の力に"をモットーに、知財情報をベースとした分析・コンサルティングおよび人材育成・研修サービスを提供するブティックファームです

先日、アイピーファインが主催している知財AI活用研究会の中間報告会に参加させていただき、その際に東南アジアの特許情報収集・調査で著名なアジア特許情報研究会・中西さんと久しぶりに会いました。

 

中西さんの論考は、

などがあります(CiNiiやJ-STAGEで検索してみてください)。
 
中間報告会の懇親会後の席で、最近は北朝鮮の特許出願状況についても情報収集・分析されているとのことで早速リンクを送っていただきました。
 
 
いや、このタイトルだと分かりませんね(笑)
 
内容としては、EPO主催のEast meets West 2019でも北朝鮮についてトピックとして取り上げられている点ほか、出願件数が年1,000件を超えている点、IPCの付与精度、上位出願人など興味深い内容です。
 
すぐに実務的に活用することがあるのか・・・・というと疑問ですが、知識のストックとして持っておくと良いかと思います。