Google Patentsの機能改善と収録国増加 | e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

株式会社イーパテント|e-Patentは"知財情報を組織の力に"をモットーに、知財情報をベースとした分析・コンサルティングおよび人材育成・研修サービスを提供するブティックファームです


テーマ:

一昨日、Google Patentsで検索していたら「あれ?公報表示画面のレイアウトが変わっている」と思い、ツイッターでも投稿したら、Darts-IPの佐藤さんから下記のような返信をいただきました。

 

 

Darts-IPは全世界の特許訴訟情報データベースを手掛けている会社で、Google Patentsにも一部情報を提供しています。

 

 

公報表示画面で変わったのが、右側の書誌事項の欄で

 

Worldwide applications
1994  TW CA RO CN EP AT SK PL US HU DK JP CZ BR NZ WO DE DE ES DZ HR IL 1996  US FI NO BG 1997  GR 1998  LV US CY 1999  MX

 

のように対応出願がズラズラっと並んで表示され(権利消滅した国には取り消し線が入るのですが、ブログに貼る際には消えてしまっています)、また審査経過情報も以下のように、イベントごとに表示されるようになりました。

 

Application EP19940930701 events 
1993-10-15
Priority to US13852093A
1994-10-11
Application filed by Merck and Co Inc
1996-08-07
Publication of EP0724444A1
1997-08-06
Publication of EP0724444B1
1997-08-06
Application granted
2004-05-07
First worldwide family litigation filed
2014-10-11
Anticipated expiration
2019-02-08
Application status is Expired - Lifetime

 

予定されている権利消滅日の情報も表示されるのはありがたいですね(おそらく起算日から20年で、年金支払い等は考慮していないと思いますが)。

 

あとDarts-IP佐藤さんからの返信にもあったように、このEP0724444B1は訴訟に使われたので「2004-05-07 First worldwide family litigation filed」をクリックすると、Darts-IPのページに飛んで

 

 

のように概要が確認できます(契約しないと詳細は確認できません)。

 

またWorldwide applicationsのところで気づかれるかもしれませんが、昨日は酒井美里さんのブログで、Google Patentsの収録国が100か国以上に増えていました(私が検索していた際は日本、米国、EPなど中心の出願だったので、収録国が増えているのに気づきませんでした)。

 

 

もともと日本・米国・EP・中国・韓国やPCT出願は収録されていましたが、BR(ブラジル)やIN(インド)なども収録されています。

 

収録状況についてはしっかりと確認していませんが、どのように活用できそうかはブログまたはメルマガ「J-PlatPatを使った特許検索のコツ」で近々紹介したいと思います。

野崎篤志-イーパテント代表取締役社長/知財情報コンサルタントさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス