漫画の効用|ストーリー漫画でわかる ビジネスツールとしての知的財産 | e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

株式会社イーパテント|e-Patentは"知財情報を組織の力に"をモットーに、知財情報をベースとした各種コンサルティングおよび人材育成・研修サービスを提供するブティックファームです


テーマ:

小学生・中学生の頃はよく漫画を読んでいましたし、アニメも見ていました

 

当時は月刊コロコロコミックや週刊少年ジャンプをよく読んでいた記憶があります(あまり週刊少年マガジンは読んでいなかったような)

 

高校生や大学生になってからはほとんど漫画を読む機会はなくなり、それは2002年に就職して以降もそうでした

 

漫画でビジネススキルを解説する本や自己啓発系の本も増えてきましたが、「どうせ漫画だしなぁ~」とちょっと下に見ていたのは事実です

 

しかし、数年前からビジネス書籍における漫画というカテゴリーを見直すようになりました

 

見直すきっかけになった本は

 

 

で、購入したのは4年前ほど前でしょうか

 

「漫画を見直した」というのは、文字だけではなくビジュアル含めて記憶に定着しやすいので、ちょっととっつきにくいテーマだったり、いろいろと本を読んでもいまいち記憶に定着しないような分野だと漫画から入ると入門・とっかかりとしては非常にスムーズだなと思うようになったからです

 

2002年にいろいろなご縁があって、知的財産業界に入ってすでに16年ほどが経過しています

 

知財業界の中の人にはチザイは馴染みがあっても、なかなか一般のビジネスパーソンにとってチザイが身近な存在か?と言われると残念ながらNoでしょう

 

そういう点で、金沢工業大学院虎ノ門大学院でも同時期に一緒に学んでいた大樹さんの「ストーリー漫画でわかる ビジネスツールとしての知的財産」は、特に知的財産になじみが薄いビジネスパーソンが取っ掛かりとして読むには最適な本だと思います

 

 

著者の大樹さんも書いている通り、漫画だけを読んでも知財について一通りの基本的な知識・考え方が身につきますし、もう少し詳しく知りたければ各チャプターの末尾にある解説を読めば、もう少し詳しく知ることもできます

 

本格的に知的財産を学ぶという本ではありませんが、これから知的財産について学びたい!という方には非常に良い入門書で、それが漫画という形式をとっていることで良い意味でハードルが下がっていると思います

 

 

こちらの本で知財に興味を持っていただき、さらに知財情報(中でも特許情報)の検索・調査や分析、その戦略策定への活用に興味を持っていただけるようであれば以下の拙著に進んでいただければ幸いです(笑)

 

 

 

野崎篤志さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス