e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

株式会社イーパテント|e-Patentは"知財情報を組織の力に"をモットーに、知財情報をベースとした各種コンサルティングおよび人材育成・研修サービスを提供するブティックファームです


テーマ:

前職時代に、日本オフィス立ち上げ当初は米国オフィスと会議やメール連絡を頻繁にしなければならなかったため、1日の睡眠時間はかなり短かったです。

 

米国の同僚から米国昼間・日本夜中にメールが来ても、ほとんどすぐに返信したりしていたので(特に立ち上げてから数か月~半年ほど)、「お前は寝ているのか?」と聞かれたこともありました。

 

今でも会う方から「寝ているんですか?」と聞かれますが、ちゃんと寝ています。

 

むしろ、1日最低6時間、できれば8時間ぐらいは寝たい人間です。

 

とはいえ、分析・コンサルティング案件が混んでくると、どうしても睡眠時間を多少犠牲にせざるを得ない場合があります。そんな中、以前に「24時よりも前の睡眠の効果は24時以降の睡眠よりも1.5~2倍ある」といった話があったなぁとおぼろげながらに思い出しまして、最近は

 

21時ぐらいに寝る

25時ぐらいに起きる

 

というサイクルを時折しています(睡眠時間はだいたい4時間ですね)。25時以降は朝まで仕事をして、そのままオフィスに出社したり、お客様へ訪問したり、セミナー・講演したりしています。

 

こういうサイクルしていても、意外と昼間に眠くならないんです。

 

さすが24時前の睡眠は効果あるなぁ~と少し満足していたところ・・・・・

 

https://ddnavi.com/news/240071/a/

 

のようなブログ記事を見つけてしまい・・・

 

【午後10時~午前2時は「睡眠のゴールデンタイム」ではない】

 午後10時から午前2時は成長ホルモンが分泌される「睡眠のゴールデンタイム」で、この間に寝るとお肌に良い!…などとよく聞く。しかしこれも特に根拠があるものではなく、眠りについてから最初の睡眠単位(ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルで、通常、一晩に4~5回繰り返す)で深いノンレム催眠に入れば、何時に眠りについても同じように成長ホルモンが分泌されるのだそう。つまり肝心なのは時間帯ではなく、日中にきちんと覚醒しておき、最初の睡眠単位でいかに深いノンレム睡眠を得られるか、ということになる。

 

な、な、なんと・・・・24時までの睡眠(正確には22~26時でしたね)には特に効果がないとのこと。プラシーボ効果のように正しくない情報でしたが、信じていて効果もあるように感じていました。

 

まぁ、とはいえ普通に6時間寝るのが良いと思います。できれば↑のような変則的な睡眠が常態化しないように心がけたいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

野崎篤志さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。