(11/4~11/6) 2015 特許・情報フェア&コンファレンス | e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

e-Patent Blog | 知財情報コンサルタント・野崎篤志のブログ

株式会社イーパテント|e-Patentは"知財情報を組織の力に"をモットーに、知財情報をベースとした各種コンサルティングおよび人材育成・研修サービスを提供するブティックファームです


テーマ:
今年も業界の一大イベントである特許・情報フェア&コンファレンスが終了しました。

毎年11月第1週の水曜日~金曜日に開催されている特許・情報フェア&コンファレンス。特許情報や特許調査・分析関連企業にとっては毎年1回のビッグイベントであり、世界的に見ても非常に大規模なイベントです。

*特許・情報フェア&コンファレンスは毎年だいたい2万人(3日間のべ)の来場者がありますが、1万人を超えるような規模の特許情報関連の展示会はないと思います。

2002年に前職に入社してから、毎年でありませんが、ほぼ毎年参加しています。

ホットトピックも、この13年間でいろいろな変遷がありました。2000年前半はテキストマイニングや概念検索が主流。背景としては1999年からIPDLがスタートして、1993年発行以降の公報全文フルテキスト検索が可能になったことが挙げられます。

次に来たのが特許分析・パテントマップ。それまでもパテントマップ作成ソフトやツールはありましたが、2000年代半ばのブームで一気に普及が進んだと思います。もちろんソフト・ツールが普及するのとパテントマップそのものが普及するのは別ですが・・・

概念検索、マップ作成ソフトときて、次は新興国ブームだったかと感じています。特にインドや東南アジア。中国については非常に件数規模が大きいですが、データベースがある程度整備されていました。しかしインドについては、まだINPADOCデータベースで2004年以前の公告公報しか収録されていなかった。そこでDWPIだけではなく、インド地場のデータベースなども勃興してきた(CIPISやMCPaIRS)。ただ、インドブームもそれほど長くは続かず・・・・

最近はあまり大きなトピック・話題がなかったと感じていましたが、昨年(一昨年かな)ごろからビッグデータ分析の流れに乗って、VALUENEX(元・創知)が知財分析×ビッグデータ分析の文脈でいろいろと仕掛けていました。

今年はビッグデータ分析にさらに人工知能を掛け合わせたUBICTTDC連合が華々しくリリースを打ちましたので、今回の目玉の1つになったのは間違いないと思います。

UBIC、人工知能を用いた知財戦略支援システムを提供開始
http://news.mynavi.jp/news/2015/10/30/098/
UBICのCTO武田氏が語る「人工知能によるビッグデータ解析のポイント」とは?
http://news.mynavi.jp/articles/2015/10/29/UBIC_AI/

(以前のニュース)
UBIC、人工知能を用いた知財評価ツール共同開発プロジェクトで、プロトタイプによる運用実験を開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000006776.html
UBICが人工知能を用いた知財評価ツールの開発に着手
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000006776.html


UBIC・TTDCの企業プレゼンは金曜夕方にありますが、会場を変更するなど混雑したようですが、プレゼンに参加された方々のコメントを見ると、少し期待値とはかい離があったようです(まだこれからの発展に期待という意味も込めて)

ただ企業プレゼンのスケジュールを見ると、空きがちらほら。

http://www.pifc.jp/presentation.html

いままではあまり企業プレゼンで空きがあったという記憶がないので、ブースは出すが、お金を別に出して企業プレゼンはしないという会社が増えてきたのかもしれません。ちなみにランドンIPは3年連続で企業プレゼンをしていましたが、今年は企業プレゼンはやめてブースでのミニセミナーを実施することにしました。まだ詳細な検証はできていませんが、3日間で合計12のミニセミナーを開催し、昨年からブース場所も良い場所へ変わったこともあり、非常に効果はあったと感じています。

特許情報フェア&コンファレンス2015


いろいろと話が発散してしまいましたが、私は3日間ランドンIPのブースにおり、数多くの方々とお会いさせていただくことが出来まして感謝申し上げます。特にTwitterやFacebookではつながっていながら、お会いしたことがない方ともお話しさせていただくことが出来ました。

最後に新著「特許情報調査と検索テクニック入門」ですが、おかげさまで会場にて3日間で50冊完売したとのことでありがとうございます。何名かの方にはサインもさせていただきましたが、ぜひ実務に有効活用いただければ嬉しいです。

野崎篤志-イーパテント代表取締役社長/知財情報コンサルタントさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス