2005年09月30日(金)

君のために定期預金を始めたんだ。

テーマ:♂-log
経営してる飲食店が上手くいってないという話を訊ねもしないのに話して聞かせ、

それにあたしが同情したり身をのりし出して話を聞いてあげたらとても喜んだおじさん。

あたしの出勤に合わせて、毎回予約を入れるおじさんに、

「負担になるから、来てくれるの時々でいいよ。あたしはそれで充分」

って言ったら、

「それくらいは、大丈夫だよ。君が仕事してるのに来ないでいる方が、僕は辛いよ」

なんて言ってのけたけれど、彼の財布は店に料金を払ったらいつもすっからかんになる。

彼のスーツがいつ買ったのか解からないほどにくたびれていることや、

もう最近では見ることもない、古臭いネクタイばかりを付けていること、

しっかり磨かれているけれどかかとの擦り切れた革靴を履いていること、

店舗をひとつ手放そうとしていることは、承知の事実。


「君のために定期預金を始めたんだ」

おじさんは唐突に言った。嬉しそうに笑みを浮かべて。

まだ、一枚も服を脱がせていないのに。

ゴソゴソとカバンをあさって、一冊の通帳を取り出した。

カバンはすっかりくたびれていて小さなレシートたちが沢山泳いでいる。

通帳には、2か月続けて2万円が記されていた。


「例えば、3年後には時計もバッグも買ってあげられるよ。楽しみにしててね」

喜ぶべきところだ。「いやん、嬉しい♪」って過剰なくらいに喜んであげるべきところだ。

あたしがおじさんの働く意欲を高めてるって、そんな風に高飛車になっていいところだ。

あたしのおかげで、おじさんに少なくとも3年間の楽しみが出来たのだと得意になっていいところだ。

あたしはひきつって上手く笑えない。

あたしが笑えば、おじさんの満足感は満たされると解かっているのに、上手いこと笑えない。

「どうしたの?嬉しくない?」

あたしは、ひきつった笑顔で答える。

「うん。ありがと。嬉しい」

おじさんは満足そうに頷く。あたしの心の中も知らないで。

「何がいいかなぁ、考えておいてね。街を歩いててもついつい君に似合いそうなものを探してしまうよ。

あぁ、楽しみだなぁ、3年後」


あたしの中に納まったおじさんのちんちんを、あたしは包み込み締め付ける。


今、あたしは自分に嫌悪感を覚えている。

おじさんに情を抱く、あたしの人間らしさに。
いいね!した人  |  コメント(172)  |  リブログ(0)
2005年08月12日(金)

僕、セックス上手いだろ?

テーマ:♂-log

「僕のセックス、気持ちがいいだろ。前の彼女たちがみんなそう言うんだ」

冗談で言ってるんだろうと彼の顔を覗きみたけれど、全然冗談を言ってる顔をしていない。

あたしは、突如恥ずかしくて恥ずかしくて居た堪れなくなった。

セックス自慢をするあっぱれな彼と対戦しながら、話を聞きながら、その満足げな顔を見ながら、

恥ずかしくて恥ずかしくて、枕に顔を埋めたくなるあたしってのがいる。


悦に入りながらあたしのおまんこを舐め上げている彼の舌使いは単調で、

中央の溝を上から下へと行ったり来たり、繰り返しているだけ。

時どき、溢れ出したあたしの愛液を美味しい美味しいと啜っているけれど、

それはほとんど彼の唾液と思われる。

きっとクリとリスの場所さえも、把握していないのだろう。

お前、一体なんだって、この程度でこんな風に変な自信を持ってしまったのだ?

と思っていたけれど、理由はわからないでもない。

舐めるのを止めて、彼はあたしの中に2本の指を入れると、突如激しく掻き回し始めたのだ。

あまりの激しさにあたしは声を上げ、眉間に皺を寄せた。

あたしの苦痛に歪んだ顔が、彼にはよがっている顔に見えるらしく、ホラホラどうだとばかりに、

さらに指を突き立ててくる。

「ほら。気持ちいいでしょ。逝っていいよ、逝って。逝って」

こんな彼をがっかりさせずにさっさと撃退してしまうには、もう逝ったフリしかない。

あたしは感極まった顔をして、膣を締めて、足を伸ばした。腹筋に力を入れてほんのり汗を身にまとわせ、

「逝く、逝く、逝く~!」と声を上げた。

彼は、あたしの中から指を引き抜いて、美味しい美味しいと満足げにそれを舐めている。

それを見ながらあたしは、見たことも会ったこともない昔の彼女たちとやらに、同情した。

彼の気分を悪くさせないために、何度も何度も逝ったフリをしていたであろう、昔の彼女たちに。

「ねね、何回逝った?2回?3回?もう、逝きまくってたね。可愛いなぁ」

あたしより、お前の方が全然可愛いよ。

なんてことを言わないことで、彼の自信は暴走しているのだと思われる。

でも、彼が満足なのであれば、あたしはそれで全然構わない。

すごく素敵な勘違いをしてくれる彼にあたしは愛おしさすら覚える。


彼に任せて挿入したって結果は見えたようなものだから、あたしは自分で彼にまたがる。

数回腰を揺らしただけで、

「ダメだよ、自分だけ気持ちよくなろうとしたって。僕だけ先に逝っちゃうだろ」

なんて言っちゃう自分勝手にハッピーな彼にあたしは卒倒しそうになる。

ゆっくりゆっくり動かして、彼の「あ、逝く、逝くよ」の声に合わせて、「あたしも逝く」なんて言ってみて、

一緒に登りつめるフリをするあたし。

「ね、ちゃんと一緒に逝けたでしょ。自分だけ気持ちよくなろうなんてずるいよ」

このレベルまでHappyPersonなのも珍しい。


「クリとリス舐めて。剥いて舐めて。吸って。吸いながら舐めて。もっと優しく。もっと強く。もっと早く」

そんな風に彼女に言わせてあげられないのだろうね、きっと彼は。永遠に。

「お前、フライ~ング!」なんて言って頭をはたいてくれるよな、

その天まで届きそうな鼻をあっさりへし折ってくれる、素敵な恋人出来るとよいね。


----------------今日のオシゴト(覚え書き)---------------

生理のはずもないのに、出血。そして子宮にどん痛。あまりよろしくないまんこ。
オナニーして見せて。ってのにも、もう慣れたけどさ、バナナ持ってくるのはどうかと。
むいたら余計に入れたくない。
週末一日貸切してくれる話がまとまった。どうしても外でって言われても、外でだけは会わないのが
あたしの信条。安全と安心感のために、あたしは箱の中で働いているのだから。
疲労困憊で寝付けない。恋人の鼾をバックミュージックに書く日記。読み返し無し。もう寝る。

いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
2005年08月02日(火)

愛しき”彼女”とのセックス。

テーマ:♂-log

最近、卑猥な記事が続いて大好きな女の子たちからのコメントが減っちゃったゎよ。

今日もオシゴト後で、卑猥な記事になっちゃうゎ、きっと。

もうこの際だからと、案外開き直ってるあたしだけれど、でも淋しがり屋なの。

淋しがり屋のあたしを、あんたぎゅっと抱きしめなさいよ。ぎゅっとぎゅぎゅっとよ。


さて。

バイセクシャルな客と対戦してしまって、すっかりインチキおねぇ言葉になっちゃってるe-logです。

こんばんは。


バイセクシャルな彼は、恋人(♂)がいるらしいんだけれど、時々♀の肌に触れたくなるらしく、

そうは言っても、ソープに来るのは初めてだとか。

「あら、いい女じゃない?お肌もすべすべ」

なんて言いながらあたしの髪に触れ、耳にかけ、両手で頬を覆う。

「今日は何人の男とまぐわったの?よかった?いい男いた?」

不細工なバイは無理だけど、綺麗なバイは受け入れちゃうあたし。

「いたゎよ、いい男。でもあんたには負けるゎよ」

「何言ってんのよ。あんた綺麗よ。すっとぼけないでよ。」

「はいはい、そのくらいにしてよ、お腹一杯よ」

・・・世辞の攻防。

「下着になんなさいよ。どんなの着けてんの?」

「あんたも脱いで見せなさいよ」

・・・脱ぐふたり。

「あんたね、こんなフリフリなのはあんた似合わないゎよ。黒の際どいのとか着けなさいよ」

・・・やっぱり。何故か厳しいおねぃさん。

「下着沢山あるゎよ。好きなの選んでよ。あんたも着ける?」

・・・下着を出すあたし。

「これ着けてみなさいよ。あたしはこっちでいいゎ」

・・・面積ちっちゃいタンガに無理やりおちんちん押し込むおねぃさん。どうしてもはみ出してる。

「・・・」

「・・・」

「・・・あんた、ノリがよすぎよ。今日は男として扱いなさいよ」

「・・・だったら、おねぇ言葉止めなさいよ」

「・・・だゎね」


おねぇ言葉で話されたら、セックスどころじゃない。

おねぃさんは、見た目充分”彼”で。言わなければ気付きもしないのに。


始まりはそんなんだったけれど、サービスに入れば、彼はとても”♂”。

キスだって愛撫だってちんちんだって、おじさまたちのより全然よい。

見上げると正常位で腰を打ち付ける彼の筋肉はほどよいくらいに鍛えられてて、

流れる汗が、全然爽やかなおにぃさん。嫌いじゃない。むしろ今までの客で一番マシかも。

「何うっとりした顔してんのよ。女はみんなそんな顔するから嫌だゎあ」

とかさえなければ。


「セックスよかったよ」

って言ったあたしに、

「一回やったくらいで勘違いしないで頂戴よ」

と吐き捨てて帰りやがった愛しき”彼”だった。


----------------今日のオシゴト(覚え書き)---------------

排卵痛がするような。これは傷物おまんこの痛みだけではない。はず。生理周期大暴走中。
「うちの息子と結婚してくれんかなぁ」って、真剣に相談すんなよ。お前の娘になりたかないわい。
盲目のお客さんとの対戦。何度目だろう。彼は盲目なだけでなくて、言葉もあまりしゃべらない。
あたしの心の奥の奥まで見透かされてるようで、いつもとてもナーバスになる。
2時間突きっぱなしのちんちん再来。何も話さずただただ穴を提供するだけ。
2時間突きっぱなしで、射精すんのは時間10分前。あたしでなくてもいい気がするが、
心は楽なんで、来てくれるからには大切にすべき客であったりはする。でも股関節は痛い。
もう1本、確かにちんちん入れたはずだけど、記憶から消えた。どんなんだったっけ?
相変わらず記憶喪失気味。

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005年07月29日(金)

さよなら。意外と楽しかったよ。ありがとう。

テーマ:♂-log

転勤が決まり、昨日が最後になるという客と対戦。

初めての彼との対戦からはまだ2ヶ月も経たないけれど、

この間、彼はあたしの出勤のほとんどの日に顔を出してくれた。

いつも、あたしの話を楽しそうに聞いてくれて、

「こんな客は嫌だシリーズ」さえ、驚いたり怒ったり笑ったりいろんな反応で返してくれた。

あたしは彼が面白がっているのだとばかり思って、

エロエロな話もしたし、新境地を開いてあげたり、恋愛のアドバイスをしてみたり、

ま、なんだかんだあたしの方も案外楽しんでいたのだ。


前回来た時にあたしにしては、気の利かせたことを言ってみた。

「こんなにしょっちゅう来ると大変だから、時々でいいよ。きついでしょ」

すると彼は、

「うん、まぁ僕にしてはきついんだけど。でも、もうあと少ししかないんだ」

と淋しそうにはにかんで言ったのだ。

「え?転勤とか、そういうこと?」

「うん。海外赴任が決まってさ」

しばらくの間、彼は次の赴任地の話だとか仕事の話だとかをぽつりぽつりと話していたけれど、

突然、涙をこぼした。

三十代半ばと思われる男の涙を見ることはあまりない。

あたしは黙って聞いていたけれど、

彼が涙を拭いて

「最初はね、顔がね、僕のど真ん中だったんだよね。それだけだったんだけどね。」

と笑った途端、不覚にも泣いてしまった。

生理前だったからに違いない。普段のあたしだったら

「なんだ、もう来ないのか」「指名が減るなぁ」くらいにしか思わなかったはずで。

感情にも痛みにもとても敏感になる生理前だったからあたしは泣いてしまったのだと自分に言い聞かせる。

「泣かれちゃうとね、僕もなんと言えばいいのかわからないけれど、でも、嬉しいよ」

まるで、恋人に見送られてるように、ちっともそれと変わらないように送り出してあげようと思ったりした。


昨日、最後の対戦を終えて、涙の準備をしていたら、生理も明けて、一粒も涙出なかったよ。

泣きながら、でも笑って「いってらっしゃい」っていうシナリオまで作っていたというのに。

仕方がないから折れそうになるまで、抱きしめてみた。

彼は大粒の涙でぐちゃぐちゃだったのに、あたしの目は乾ききってシバシバしていたよ。


さよなら。頑張ってね。意外と楽しかったよ。ありがとう。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005年07月13日(水)

萎える男。

テーマ:♂-log

時々お食事デートをする男がいる。

お育ちが良いようで、ちょいと自信過剰なところがあるけれども、

好きになれば許せる範囲。

食事の約束をすると、いつもきちんと予約をしておいてくれるし、

創作和食だったり、お寿司だったり、カジュアルフレンチだったり、創作中華だったり、

チョイスもなかなかよくて、食事の後はちゃんと送ってくれるし、

悪い男ではないなぁと思い、ほどほどの関係でいる。今のところ。


そんな彼と、この間、食事した時の話。

一通りの食事が済み、程よくお酒も入って、男と女の話をしていたのだよ。

アルコールの進みが遅くなったあたしを見て、彼は訊いた。

「何か他の物でも飲む?」

さりげなくて、気が利いてて、高感度UP。あたしは答えた。

「冷たいお茶を。あなたは?」

「僕は水を」

・・・とここまでは全然よいんだけれど、この後だよ。



「僕は水を」と言った後に、彼はあたしの顔を見て、

「あ、いや、あの、お茶を・・・」

と言ったのだった。

水でいいじゃん。

お茶は数百円で水はただだからあたしが引いたとでも?

いつもの自信は一体どこに隠してしまったんだよ。

「僕は水を」でいいじゃん。

あたしの顔色伺って自分の意見変えるなんざ、男らしくねぇぜ。

次は無いと思え!



こんなことで萎えるあたしって、神経過敏?

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。