今日は最近よくご質問をいただく

マイクロベベルについて書いていきたいと思います!!!

 

 

マイクロベベルとは皆さんどのように解釈しておりますか?

 

 

 

 

人それぞれ解釈の違いはあると思いますが…

 

私的にはファクトリーナイフなどでよく見かける刃先の1mm程度で刃をつけているのは

セカンダリベベル(日本語でいうところの小刃)

 

 

何とか目視できる程度(日本語で言うところの糸刃)がマイクロベベルと解釈しています(^ ^)

 

もちろんルーペや顕微鏡で見なければ確認できないものも含まれると思います。

 

 

 

さて、このマイクロベベルですがちまたでは

 

 

マイクロベベル=悪

 

 

のような風潮があるようですが、実際はどうなのでしょうか。

 

 

日ごろから思っている私の見解を少し書いてみたいと思います!

 

 

かみそりのようにキンキンに砥いだナイフで紙をすぱすぱ切っている動画をよく見かけますが

 

セカンダリエッジ付のナイフの箱だしでもコピー用紙程度であれば

よく切れるものはたくさんありますね。

 

 

 

さすがに新聞紙となるとやや難易度あがりますけどね。

 

 

でも、マイクロベベルがついているから新聞紙が切れないかというとそんなことはありません。

まあ、新聞紙がきれなくてもコピー用紙がすぱすぱ切れればそれなりに実用性はありますよね(^ ^)

 

 

刃先の角度小さくして鋭利にすればするほどよく切れる反面、刃こぼれや曲がりなどが起こりやすくなります。

 

 

もし、あなたが購入したナイフで新聞紙を切ったり産毛を剃ったりするためにだけにつかうのであれば

 

 

かみそりのようにキンキンに砥ぎあげればいいと思いますが

 

 

アウトドアで木を削ったり、バトニングなどで使うのであれば、あっという間に刃が欠けて使い物にならなくなってしまいます。

 

 

海外の動画で見かけるように、缶詰を開けたりするような用途にも使用するのであればなおさらですよね。

 

 

マイクロベベルがあったほうがいいのか否かは、どのような環境でナイフを使用するのかが大きく関係してくるのではないか思います。

 

 

できるだけ多くの作業をこなしたい場合は、マクロベベルで刃の角度を調整したほうが、刃もちもよくてオールマイティに使えるのではないかと思います(^ ^)

 

 

また、砥ぎ方をかえたナイフや、斧、ナタなどを併用するのも楽しみ方のひとつですね♪

 

 

結局どのようにナイフと付き合うかは

 

ルールがあるわけではないので

 

自分が楽しめればいいですよね笑

 

 

そういったところを考慮すれば、マイクロベベルについても

あまり深くかんがえなくてもいいのかもしれませんね。

 

 

以上!!!私が思っていたマイクロベベルについてです^ ^