【道具のおはなし12】粘土でキレイな葉を作る3つのコツ~DECOオリジナル葉型B | 神奈川湘南~デコクレイ、ウエディングブーケブライズ認定教室★ケハウラニ★
2016-02-18 20:00:00

【道具のおはなし12】粘土でキレイな葉を作る3つのコツ~DECOオリジナル葉型B

テーマ:道具のおはなし

デコクレイクラフトアカデミー認定
クレイ教室ケハウラニのケジャです。

ようこそ おいでくださいました。感謝



【道具のおはなし】 前回は、

お花づくりを簡単にする~
“DECOオリジナル葉型”
をご紹介しました。


今日は、【道具のおはなし】最終回~
フラワーコースで、
最初に出会う“葉型B”を使い、

キレイな葉を作る3つのコツ

をお伝えします。




まずは、お色作りから...

 ソフトクレイ(白、カラー)を
混ぜ合わせ、
好みの色を作ります。
※ソフトクレイについては、こちらの記事をご覧ください。


 適量を両手のひらの中
(または、テーブルの上)
でころがし、
ちょっとふとっちょ短めの
涙型を作ります。



粘土で葉を作る~涙型





 とがった方を上にして
葉型にギュッと押し付けます。

粘土で作る葉っぱ




ここで
ポイント。キレイな葉を作るコツ1


このとき、粘土は
上のほうに置きましょう。

粘土は真ん中でなく上の方に




なぜなら、葉脈模様は、
上のほうが細かく
また、型が平らになっているので、

上部を使うことで
繊細な模様の
薄くてキレイな葉ができます。

小さな葉を作るときには、
特に注意してくださいね。




 次に、葉型を挟むように持ち
左右の親指をペタペタ...
好みの形に広げていきます。

親指で粘土ペタペタ葉を作る



ここで
ポイント。キレイな葉を作るコツ2

このとき、
葉のふちが薄くなるよう
広げていきましょう~

中心部に少し厚みを持たすと
葉に立体感が生まれます。



粘土ペタペタ葉を作る



 好みの形、大きさになったら
葉の根元に細工ハサミの先端を入れ
粘土をちょこっと持ち上げます。
※刃先を少し開くとやりやすいです。

そして、めくれた粘土部分を
指で持ちあげ
そっとはがすと...


ペロリとめくると葉脈がつきました


キレイな葉脈模様がつきました!



ここで
ポイント。キレイな葉を作るコツ3

↑このままでも、OKですが、
指で葉のふちを伸ばし、
更に動きをつけると
よりキレイな葉になります。


型で作った葉に動きを付ける




また、出来上がった葉のフチに
ギザギザをつけると

椿椿の葉


切り込みを入れると

あじさい。紫陽花の葉


という感じで

葉型Bで作った葉に
ひと手間かけると
いろんな種類の葉ができますよ。




これまで12回にわたり書いてきた
【道具のおはなし】は、
これでオワリです。。。

いかがだったでしょうか?



デコクレイは、

アイデア次第で無限に楽しめる
手軽なハンドクラフト
です。


ご紹介した道具をうまく使って、

世界でたったひとつ...
アナタだけのオリジナル

作ってくださいね




湘南のハンドクラフト・デコクレイ認定教室 *ケハウラニ*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス