【道具のおはなし2】粘土用“細工ハサミ”~正しい持ち方 | 神奈川湘南~デコクレイ、ウエディングブーケブライズ認定教室★ケハウラニ★
2016-01-06 21:00:00

【道具のおはなし2】粘土用“細工ハサミ”~正しい持ち方

テーマ:道具のおはなし

デコクレイクラフトアカデミー認定教室
Kehaulani(ケハウラニ)のケジャです。

ようこそ おいでくださいました。感謝


【道具のおはなし】 前回は、


をご紹介しました。


今日は、そのなかから、
“細工ハサミ”についてのおはなしです。



あなたは、ハサミをどのように、持ちますか?



日常生活では、とくに意識しなくても
問題ないと思いますが、

クレイクラフトで、
思い通りのカットや細工をするためには、
細工ハサミの持ち方って、
とっても大事なんです。



ここでは、基本の持ち方
2パターンをお伝えします。



まずは、【持ち方その1】



それぞれの輪に親指、中指を入れ、
人差し指は輪の前に添えます。

こうすると、ハサミがぶれずに
カット作業が楽にできます。




そして、【持ち方その2】




それぞれの輪に親指、薬指を入れ、
中指は、輪の前、
人差し指は、ハサミのネジの部分に添えます。

こうすると、刃の先端の位置がキープでき
刃先で細かなカット作業が楽にできます。

ちなみにこれは、精密な作業が必要な
手術用ハサミの持ち方です。



私は、ほとんどの作業を
【持ち方その1】でやっていますが、

輪に入れる指は、
親指と中指ではなく
親指と薬指のほうが、
しっくりくるなら、薬指を入れて、

輪の前に人差し指と中指の2本
を添えて持ってくださいね。




「なんだか、思い通りにカットできない...
とお悩みのあなたは、

いまいちど、細工ハサミの持ち方を
確認してみてくださいね~




本日、登場したお道具は、コチラ↓



パジコ の製品です。

この小さな細工ハサミは、
カット作業はもちろん、

その他、いろんな場面で活躍します~


次回は、細工ハサミの“使い方”について
おはなしします。



湘南のハンドクラフト・デコクレイ認定教室 *ケハウラニ*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス