ジョコビッチ選手のリターンが強力な理由についての解剖学的考察~構え方とフットワークに関して~ | えばと鍼灸マッサージ院徒然日記

えばと鍼灸マッサージ院徒然日記

【川崎市多摩区】稲田堤駅徒歩3分にあるえばと鍼灸マッサージ院の院長江波戸雄一の日記みたいなブログです。
東西両医学に関する知見や、大好きな横浜ベイスターズ(NPB)、リバプール(サッカー)、お酒(ウィスキーが主)のことなどを書いてます。


テーマ:

’15年5月20日現在、男子テニス・シングルランキング1位といえば、
言わずと知れたセルビアのノバク・ジョコビッチ選手。

先日のローマ国際も優勝し、
全仏も優勝すれば生涯グランドスラム達成と、
かつての絶対王者スイスのロジャー・フェデラー選手ですら
手も足も出ないほどの強さを誇っています。

そのジョコビッチ選手の強さの特徴として、
ディフェンス、特にサービスリターンの強さが挙げられと思います。
wikiジョコビッチ「プレースタイル」より

引用開始

サービスリターンも強力でエースを取らせない守備力と相手にプレッシャーをかける強打を武器とする。ジョン・マッケンローはジョコビッチは歴代でも非常に優れたリターナーだと語る。

引用終了

今回はジョコビッチ選手のサービスリターンが強い理由について、
画像を交えながら解剖学的な視点から書いていきたいと思います。

テニスのリターンの一歩目の動きを早くしたい、
ボレーの一歩を大きくしたい、
他の競技の方でも、
止まった状態からの一歩目の動き出しを早くしたい、
フットワークを改善したいという方は、
参考にしてみて下さい。


男子テニスでは200km/h、人によっては250km/hを
超えるスピードのサーブに反応しなければならないので、
一瞬の動きが勝敗を左右します。

そうなると「構え」がとても重要になります。
そこでジョコビッチ選手の構え方と他の選手を比較してみます。

まずジョコビッチ選手の構えです。

ジョコビッチ①

http://blog.goo.ne.jp/jumamakiki/e/0153378e68a681d22a438144f0dc725aより

 

ジョコビッチ②

http://blogs.yahoo.co.jp/vivatennis2007/67940867.htmlより

スクワットを実施する際と近い、
股関節を深く屈曲し、背中(脊柱)が真っ直ぐで、
膝頭(膝蓋骨)がつま先より前に出ていない姿勢です。

この姿勢だと、股関節を伸展させ(脚を後方に動かす)たり、外転させる(脚を側方に動かす)

大臀筋などのお尻の筋肉や腿裏のハムストリングを使いやすく、
反対に膝を伸ばす腿の前面の筋肉、大腿四頭筋は使いにくくなります。

 

「バーベル・スクワット」

https://i1.wp.com/sports.tzwildboar.site/wp-content/uploads/2018/01/d099d886ed65ef765625779e628d2c5f.jpgより
 

人間が前方や側方に素早く移動するためには、

膝関節の伸展よりも、股関節の伸展や外転が大きな力を発揮することが重要なので

こういったスクワットの姿勢を取る事で、

最初の一歩を素早く、また大きく出すことが容易になります。

 

長々と書きましたが、要するに言いたい事は、

「ジョコビッチ選手と同じ様に構えれば、最初の一歩が出やすくなるよ」

という事です。


他の選手の構え方も見てみましょう。
まず我らが錦織選手。

 

錦織

http://labamba.jugem.jp/?cid=18より

ジョコビッチ選手と比較すると、
背中が丸まっていて、お尻の後方への突き出しも小さく、
臀筋を使いづらい姿勢です。

次に前絶対王者のフェデラー選手です。

 

 

フェデラー①

http://baseballtennis.reestar.info/tennismens/grandslam/2074.htmlより

膝が伸びているので、
大腿四頭筋は使われていませんが、
背中が丸まっているため、
股関節の屈曲はそれほどではありません。
お尻の筋肉は使いづらい姿勢です。

しかしさすがは前絶対王者!
動き出すと背中(脊柱)が真っ直ぐになり、
ほとんど大腿四頭筋を使わない
キレイな姿勢になります↓

 

 

フェデラー②

https://www.pinterest.com/pin/518688082058101525/より</span>

 

 

フェデラー③

http://blog.art-sports.shop-pro.jp/?month=201106より

この姿勢のキレイさがフェデラー選手のフットワークの要因かと思います。

さて話を本題に戻しますが、
やはりジョコビッチ選手の構え方が
人体中でも最大の筋力を発揮する
臀筋を一番使いやすい姿勢かと思います。

このことがジョコビッチ選手のリターンが
世界屈指の強さを誇っている要因のひとつだと思われます。

他にはこんなきれいな姿勢で
構えている選手はいないだろうなと思っていた矢先、
何と日本人に世界王者を上回るかもしれない
キレイな姿勢の選手がいました!

 

 

青山修子①

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%AD%90より

 

 

青山修子②

http://ameblo.jp/trecenti/entry-11924952634.htmlより

近藤乳業所属の青山修子選手です!!!

wikiより
引用開始
これまでにWTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで5勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス184位、ダブルス31位。近藤乳業所属。
引用終了

下の画像の姿勢なんかは、
サッカー・ドイツ代表のクローセ選手と比較しても
遜色無いキレイさです。

 

 

青山修子④

http://blog.workaholic-web.com/?eid=733より

 

 

クローセ

http://www.sportsmole.co.uk/football/lazio/coppa-italia/team-news/team-news-klose-starts-for-lazio_66601.htmlより

構え方が良いので、一歩目の動き方もキレイですね。

 

 

青山修子⑤

http://moon.blog.tennis365.net/archives/article/787036.htmlより

実際、フットワークは世界でもかなりのレベルなようで、
こちらの動画ではあの杉山愛さんが「世界一の動き」と評しています。


ちなみにイチロー選手の盗塁の構えも
ジョコビッチ選手や青山選手の様な構え方です。

 

 

イチロー盗塁の構え

 

http://bplosaka.blogspot.jp/2013/04/5_5.htmlより


構え方を変えて、人より素早く大きく最初の一歩を出せるようになりましょう!!!

なおロジカル・トレーニングでは、構え方や
鍛えるべき筋肉とその方法に関する指導も行っています。

 

2018年11月10日追記

バーベルスクワットの画像を追加し、ジョコビッチ選手の構えを「デッドリフトに似ている」から「スクワットに似ている」に変更。

それに伴って、多少文章も追加しました。

江波戸雄一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス