東京マラソン2014ランツボ・はりケアステーション | えばと鍼灸マッサージ院徒然日記

えばと鍼灸マッサージ院徒然日記

【川崎市多摩区】稲田堤駅徒歩3分にあるえばと鍼灸マッサージ院の院長江波戸雄一の日記みたいなブログです。
東西両医学に関する知見や、大好きな横浜ベイスターズ(NPB)、リバプール(サッカー)、お酒(ウィスキーが主)のことなどを書いてます。


テーマ:
1月の新宿ハーフマラソンに引き続き、
昨日行われました東京マラソンにも
ボランティア鍼灸治療で参加してきました。
ちなみに今回も「走った後のランナーのケア」なので、
ゴール地点の東京ビッグサイトが戦場です。

最寄駅の国際展示場駅
新宿の際とは異なり、スタートとゴールが異なる東京では
走る前の駅のランナーラッシュはありません。



お祭りムード満点です。

こちらから入場します。
ADカードが無いと入場できません。

手荷物検査もあります。

選手控えスペースでボランティア会場の東ホールに到着です。
広い!
ちなみに黄色いジャンパーを着ているのは
ランナーに水を渡したりするボランティアの方々です。
すごい人数ですね。


企業さんのブースもいっぱいありました。
走った後の一杯?

準備前のブースです。

治療道具の山

ユニフォームです。
誰の背中かわかるかな?

前から見るとこんな感じです。
手に持っているのがADカードです。




ミーティング風景
上から東京都鍼灸師会の藤井先生と岩元先生です。

ベッド数は20床で前回よりも8床増とのこと。
これで一人でも多くのランナーが治療できます。

来年の横浜マラソンに向けて、
神奈川県鍼灸師会から視察の石田先生、日野先生、千葉先生。
石田先生のお目々が・・・。

女性用ブースは仕切りを設けています。

足に施術するので当然ですよね。
でも結構履いたままいらっしゃる方もいました。

足湯ゾーン

柔整師さんのブース
ストレッチをするとのことでしたが、
本来の業務(外傷の処置)の範囲外であるストレッチで
何か事故が起きてしまったら賠償保険とかどうなるんでしょうか?
次回以降もこちらのブースをご利用になる方は
こういった点をご承知の上でご利用ください。
ちなみに柔整師さんはマッサージもしちゃいけません



11時半ころからポツポツランナーが来ました。
2時間半でフルマラソンを走りきる方々は鍛えているだけあって
カッコいい体してますね。
治療は新宿ハーフ同様、2人1組で
治療者とアシスタントを交代しながら行います。
使う鍼もパイオネックスのみです。
時間も一応15分程度と決まってはいますが、
私の場合、大抵オーバーしてると思われます。
また色んな先生の治療を間近で見ることができるので、
とても勉強になります。

アイシングが必要な場合はこちらでアイシングです。

着替えが必要なランナーは更衣室か
ポンチョで着替えてもらいます。

気がつくと会場いっぱいにランナーが

私たちのブースにも順番待ちの列ができます。

当然、ブース内も満帆です
寒さ対策万全で臨んだのですが、
ランナーの皆さんの熱気等々のせいか、
厚手のシャツ1枚とジャンパーだけでも暑いくらいでした。

「完走おめでとうございます」
「今日の走りはいかがでしたか?」
「やっぱ本番はターサーですよね」
「ハムが使えてないですね」
など会話をしながら治療していきます。
東京マラソン治療風景
石田先生(右・治療者)と私(左・アシスタント)の治療風景です
アシスタントが酒精綿やパイオネックスの準備といった
治療周囲のアシストを行い、治療者が鍼をしていきます

祭りは一気に盛り上がって、一気に最初の状態に戻ります。

ボランティア終了後の藤井先生のお話し

4時間半ブッ続けで治療するとこうなります。

というのは嘘です(笑)
交代交代の治療ですし、ランナーが張る筋肉というのは
だいたい決まっているので、それほど難しい治療は無いですね。

ちなみにサブ3のランナーはやはりフォームに無駄が少ないのか
痛む場所はバラバラですが、タイムが遅くなるにつれて、
大腿四頭筋とヒラメ筋に張りを訴える方が多くなるように思います。


ペアを組ませてもらった枝先生、石田先生と

解団式で頂いた証明書と写真、そしてお酒(笑)


美味しいお酒が飲めました。

最後になりましたが、
色々と準備していただいた理事や新宿区鍼灸師会の先生方、
輸送機関に乱れがあった中、
道具を調達・提供していただいたセイリンの西村さん、
英語の問診票作成、英語講座を行って頂いた山川先生、
医道の日本の由井さん、参加された先生方、
主に受付を担当してもらった学生の皆さん、
どうもありがとうございました。
お陰様でとても有意義な時間を過ごさせてもらいました。
また次回も参加させていただきますので、
どうかよろしくお願いします。

そして最後の最後になりましたが、
4時間半ずっとブースに入り放しだった
私の代わりに写真を撮って頂いた石田先生、
本当にありがとうございました。
日野先生、千葉先生、そして賛同してくれる先生方と一緒に
横浜マラソンに向けて頑張っていきましょう!
神奈川県鍼灸師会4人衆
最後に今回参加した神奈川県鍼灸師会の4人でパチリ

江波戸雄一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス